ハリーポッター舞台感想レポ!藤原竜也のハリーがヤバい!

エンタメ
スポンサーリンク

舞台『ハリーポッターと呪いの子』の本公演が2022年7月8日に始まりました!

プレビュー公演が、2022年6月16日から行われていて、幸運にも、6月22日の公演(夜の部)を観ることができました。

実際に私が観劇した感想を中心に、本公演がスタートしたことで聞こえてくる、新たな皆様からの感想レポを少しずつ追記しながら、舞台『ハリーポッターと呪いの子』の魅力をたっぷりとお届けしようと思います!

※ネタバレも含まれますので、ご注意くださいね。

▽この記事でわかること▽
■ハリポタ舞台感想:キャスト編
■ハリポタ舞台感想:演出編
藤原竜也の舞台ハリポタのチケットは完売!今からでも手に入れる方法3つ!
※色々と、さらに厳しい状況になってしまっていますが、可能性は0ではない!!! と思って、私も粘っています(笑) ========================== 舞台『ハリーポッターと呪いの子』は6月16日からのプレ公...
スポンサーリンク

ハリポタ舞台感想:キャスト編

まずは、率直な感想!

『超ヤバい!!!』

もちろん、いい意味での『ヤバい』です。

今まで観てきた舞台の中でも、ダントツかもと思うくらい、良かったです!

記憶が薄れる前に、出来る限り詳細に、レポートさせていただきます。

※すべて、個人的な感想ですので、ご理解いただけたらと思います。

今回の舞台では、ハリーポッター役はトリプルキャスト、その他のメインキャストの皆さんはダブルキャストの方もいらっしゃいます。

私が観た6月22日の出演者さんは以下の通り。
(全員は書いていません、ごめんなさいね!)

★ハリー・ポッター:藤原竜也
★ハーマイオニー・グレンジャー:早霧せいな
★ロン・ウィーズリー:竪山隼太
★ドラコ・マルフォイ:宮尾俊太郎
★ジニー・ポッター:馬渕英里何
★アルバス・セブルス・ポッター:福山康平
★スコーピウス・マルフォイ:斉藤莉生
★ローズ・グレンジャー・ウィーズリー:橋本菜摘
★デルフィー:岩田華怜
★嘆きのマートル:美山加恋
★マクゴナガル先生:榊原郁恵

ハリーポッター:藤原竜也

まず、この人が舞台にいるだけで、空気が変わる。

立ち姿が美しい!

そして、声がストレートにこちらまで届く!

魔法界でも、リアルな人間界でも、超有名人である「ハリーポッター」は、映画でハリーを演じたダニエル・ラドクリフのイメージがとっても強いですよね!

ですから、今回ハリーを演じるお三方が、どのように役に挑まれているのか、とても興味がありました。

でも、スタートから、もう藤原竜也さんは「ハリー」でした!


息子アルバスとの関係に苦悩するハリー。

そして、目の前で自分の両親が非業の死を遂げる様を見届ける場面の演技には、泣かされました!

子供時代のハリーって、決して優等生じゃないですよね。

完璧な人格者としては描かれていません。

今回の舞台では、ハリーはもう立派な大人ですが、子供の頃から抱えているハリーの弱さも含めて、リアルな「人間・ハリーポッター」が描かれていて、藤原竜也さん自身がまさにハリー本人なのではと思っちゃうくらい、重なって見えました。

最後のシーン。
息子アルバスと、心が通じるようになってかわす会話での「鳩がキライ」発言と、それに対するアルバスの答えが秀逸(笑)
皆さん、聞き逃さないでくださいね!

ハーマイオニー・グレンジャー:早霧せいな

正直に言うと、今回のキャストの中で、ビジュアル的に一番イメージがしっくりこなかったのが、ハーマイオニーでした。

早霧せいなさんの演技は素晴らしかったし、大人になっても、どこかハーマイオニーらしい“優等生ぶり”がにじみ出ていて、見ているうちに全く気にならなくなったのですが、何となく私の中のハーマイオニーのイメージとはちょっと違ったのでしょう。

あまりにも、エマ・ワトソンのイメージが強いからかも?!

過去の場面で、ローズ役の橋本菜摘さんが、学生時代のハーマイオニー役をされていますが、そちらはイメージ通り!

だからこそ、あの橋本菜摘さんが、成長して大人になったら早霧せいなさんになる?!

ちょっと、そこがつながりにくい?!

橋本菜摘さん→早霧せいなさんへの変化(成長?)がイメージしにくかったことが、私が感じた「しっくりこない」原因の一つなのかもしれません。

ダブルキャストの中別府葵さんがハーマイオニーを演じられる場合はどんな風に感じるのか、そちらも楽しみです。

「お尋ね者」になっている時の早霧せいなさんは、どことなくファーストサマーウイカさんを彷彿をさせるちょっとヤンキーっぽくって、良い感じ!
早霧せいなさんも、楽しんで演じているように見えました!

ロン・ウィーズリー:竪山隼太

ロンは、今回のキャストの中でも、かなり上位ランキングで気に入った一人です!

竪山隼太さん、めっちゃロンでした!

ハリーも、ハーマイオニーも、お堅い職業に就いているのに、良い感じでロンは脱力系で、お笑い担当ぶりも、竪山隼太さんにぴったり!

妹であるジニーとの掛け合いもすっごく良かった!

ポリジュース薬を飲んで「ロンになっている」時の演技も、ロンのようでロンでないのが、とっても良かった!
竪山隼太さんの、コミカルで表情豊かな演技は、まさにロンにピッタリ!

ドラコ・マルフォイ:宮尾俊太郎

宮尾俊太郎さんのドラコは、もうルシウスそのもの!!!

ドラコが成長して、大人になって、パパそっくりになった!と納得しちゃいました。

過去には色々あった、ハリーとドラコ。

今でも喧嘩口調の二人ですが(実際に白熱した喧嘩シーンもあります!)なんだかんだいって、和解して仲良く?!している感じで、掛け合いもテンポよく、良かったです。

フルーパウダーを使って、マクゴナガル先生の部屋の暖炉から出てくる時も、やけにスマートでカッコいい!
そして、終盤の、息子スコーピウスと『ハグするのか?しないのか?』の微妙なやりとりも、コミカルで良かったです!
絶対に見逃さないでくださいね!

ジニー・ポッター:馬渕英里何

ジニーも、めちゃくちゃイメージ通り!

ハリーと結婚し、子供を育てていくなかで、少しづつ肝っ玉母ちゃん化していって、実母であるモリーに似てきた感じで、めちゃくちゃリアルな「母ジニー」でした。

金髪ボブのヘアースタイルのせいもあると思いますが、ところどころ、松嶋 尚美(オセロ)に見えて仕方なかった(笑)

兄・ロンとの掛け合いも、兄弟ならではの遠慮のない物言いで、場を沸かせてくれました!

アルバス・セブルス・ポッター:福山康平

愛すべきアルバスを、イメージ通りに演じてくれて、感謝です!

偉大な父親を持ったことで、大きなコンプレックスに悩んでいるアルバス。

人付き合いも苦手で、ネガティブ志向で、自己肯定感が低いアルバスですが、実はパパであるハリーもそんな面がある少年でしたよね。

心の中にあれこれ抱えて、がんじがらめになっているアルバスを、見事に演じてくれました!

スコーピウスとの掛け合いも最高!

アルバスも、スコーピウスも、お互いに影響を与え合い、高めあっていく様がとても良かったです。

スコーピウス・マルフォイ:斉藤莉生

私が、今日一番好きになったのは、スコーピウス!!!

斉藤莉生くんは、この舞台がデビュー作って、信じられない!

そんな彼を今日見れて、これがどんなに幸せなことなのか、今より後で実感するんだと思います。

左側が、斉藤莉生くんで、右側がアルバスを演じた福山康平くんです。

最初の場面で、アルバスとスコーピウスが友達になろうとするのを、ローズが邪魔しようとしますが、それでも惹かれあう?二人。

そこから、お互いに唯一無二の親友になっていくのですが、スコーピウスの成長ぶりが凄まじい!

アルバス以上に、自分を卑下して自己肯定感を持てずにいたスコーピウスが、色んな事件に巻き込まれ、冒険をし、少しずつ成長していくにつれて、表情が、目の輝きがどんどん変わっていく!

その成長の様子を、しっかりと演じてくださっていて、とっても好感が持てました!

ローズ・グレンジャー・ウィーズリー:橋本菜摘

ローズ、めちゃくちゃ可愛かった!

小柄なのも、とってもキュートで、表情豊かで!

母親であるハーマイオニーよりも、父親であるロンの血の方が多く引き継がれている設定?!

お世話好きで、ちょっとお節介っぽいのは、母親譲りかな?

過去の場面の、ハーマイオニー役もすごくイメージ通りで良かったです。

デルフィー:岩田華怜

今回の舞台のキーパーソンの一人、デルフィー!

前半部分と、本性が分かった後半とでは、同じ人なの?と思うくらい表情が変わって、演じ分けているのが素晴らしかった!

ストーリー分かってて観てるはずなのに「えー、うっそー!!!」と思わせてくれました。

ワイヤーアクションも多めですが、しっかり決まってましたね!

悪役ではありますが、かっこよかったです。

 

嘆きのマートル:美山加恋

マートルも、原作や映画のイメージそのもの!

そのものすぎて、びっくりでした!

舞台装置も本当に水が流れていましたし、まさにあの「女子トイレ」でした!

さらっとやってるように見えますが、あの手すり?の上での演技は、器械体操をやっているかのような、実はとても力がいるキツイ動きなのでは?

あれは、相当練習というか、訓練というか、が必要だったと思いますし、その上でのあの表情豊かな演技!

短い出演時間かもしれませんが、しっかり存在感がありました!

しかし!

『短い出演時間』と思いきや、実はこの舞台中に何人もの役を掛け持ちしている美山加恋さん!

キャストブックを端から端までチェックしてこなかったことを猛省しております(涙)

『衣装&カツラのチェンジ数がキャスト内最多』!!!

これは、もう一度、必ず観に行かなきゃ、ですね!

マクゴナガル先生:榊原郁恵

郁恵ちゃん!

とっても素敵なマクゴナガル先生、そしてアンブリッジ先生でした!

映画のマクゴナガル先生は、長身で、ちょっと堅物?のようなイメージですが、榊原郁恵さんはとても小柄で、でもかえってそれがキュートで、愛すべきキャラになっていました。

まだプレ公演中ですし、緊張の中、演じていらしたかもしれませんが、特にアンブリッジ先生役は楽しんで演じているように見えて、こちらもニヤニヤしちゃいました!

衣装や、ピンクのコーヒーカップとか、小道具も素敵でした。

榊原郁恵は舞台ハリーポッターで2役に挑戦!評価評判についても調査!
女優・榊原郁恵さんは、2022年7月8日に初日を迎えた舞台『ハリーポッターと呪いの子』に出演中! 1年以上続くと言われるロングラン公演で、なんと2役に挑戦されています! 最近は、バラエティー番組でお見掛けすることが多かった榊原郁...

その他

「その他」と括ってしまうのは申し訳ない感じですが、特に印象的だったキャストについて、コメントさせてください!

【ディメンター&ヴォルデモー】
とっても印象的だったのは、ディメンター!
マジ怖かった!舞台上だけでなく、客席の上にも飛んでいて、空間全体に「冷気」が漂ってくる感じ!そして、最後の方で出てくるヴォルデモー!
藤原竜也さんがだんだんヴォルデモー化していくところは、ゾクゾクしました。
本物のヴォルデモーが、舞台から客席に降りて、ハリーの両親のもとへまっすぐ歩いていく様は、彼の狂気を現していたし、その後の演出も印象的でした。注意:こちらの舞台の中では、ヴォルデモートは「ヴォルデモー」と呼ばれていました!最後の「ト」を発音しません!
【組み分け帽】
「組み分け帽」は、映画では帽子そのものでしたが、今回の舞台では、擬人化して表現されています。
イギリスらしいイメージのちょっとクラッシックなスーツを着て山高帽子を被った「組み分け帽」。
擬人化するという演出そのものは、賛成なのですが、映画の影響と一般的な「魔法使いの帽子」のイメージから、帽子は「山高帽」ではなく「とんがり帽子」が良かったかな。

「組み分け帽」は、絶対にこのタイプですよね?↓↓↓

【ダンブルドア校長】
額縁の中でのご出演でしたが、典型的なハリーポッターの世界観を象徴する演出で、もはや本当にこんなことが現実にあるかのように、やけにリアルに存在していましたね。
額縁からの去り際に見せる背中が、原作や映画のダンブルドア校長と同じで、最後まで言わずに、余韻を残して立ち去ることでハリー自身に答えをみつけさせる。
そんな「背中」の演技にもしびれました。
【ホグワーツ特急の車内販売のおばあちゃん魔女】
車内販売のおばあちゃん魔女が、あんなに迫力満点で迫ってくるとは(笑)
カートを押しながら、特急列車の屋根にまで上ってくるとは思いませんでした、
爪がシャキーンと伸びる演出も、気が付けば特急列車の屋根という魔法のような演出も、本当にびっくりさせられました。
出演時間は短いかもしれませんが、決して忘れてはいけない名脇役です!

ハリポタ舞台感想:演出編

今回の舞台に向けて、全面リニューアルした『TBS赤坂ACTシアター』

魔法を使う場面、舞台の装飾、大道具、小道具まで、見どころがいっぱいでした!

魔法がいっぱい!

最初から最後まで、魔法がいっぱい!

まるで、本当に魔法を使っているのかと思うような仕掛けがいっぱいでした!

CGじゃないのに、どうやって?

【タイムターナーで時間移動】
今回の舞台で、大きな役割を果たすタイムターナー。
タイムターナーを使って時間移動するときに、時空がゆがむ?んです!
この目で実際に見ているのか、CGを使った映画を見ているのか、わからなくなるような不思議な体験!
あの感じ、どうやってるの???

【魔法省へ入るときの電話ボックス】
お馴染みの、電話ボックス。
本当に、映画見たいに「スルッ」と入っていっちゃうんですよ!
マジで魔法?
【フルーパウダーで移動】
こちらも、暖炉に一瞬炎がワッとついて、その後にスルッと人が出てくるのです!
本当の炎に見えます!
これも、どういう仕組みなの?!
【ハリーとドラコの喧嘩】
お互いに、愛する息子のためなら喧嘩もしちゃいます!
呪文に合わせて、杖から放たれる光線!
相手の体が宙に浮いたり、椅子が宙を舞ったり。
タイミングばっちり!
本当に魔法を使ってるようです!

【ポリジュース薬】
こちらもお馴染みのポリジュース薬。
こちらの種明かしは、「二人羽織方式」なのですが、それでもスゴイと思わせてくれました!
そして、マジでマズそうで、痛そうでした(笑)

効果的な「階段」

最初から最後まで、何度も効果的に使われていた「階段」

原作の中でもホグワーツ城の中に「移動する階段」が出てきて、寮生たちを困らせますよね。

その階段のイメージがもとになっていると思われる「階段」が、ホグワーツのお城の中、ハリーポッターの家など、違う場面へと設定を変えることに一役買っています。

それが、本当によく考えられていて、シンプルな演出なのにとっても効果的で。

流れるような、キャストの動きも、目が回りそう?!

あ~うまく表現できません!

これは、実際に見て確認してください!

三大魔法学校対抗試合

アルバスとスコーピウスが過去にさかのぼり、三大魔法学校対抗試合の結果を変えようと奮闘します。

合計3つの課題があるのですが、それぞれの画面の演出が素晴らしかった!

まずは、ドラゴンとの対決ですが、実際にはドラゴンは出てきません!

でも、ちゃんとドラゴンがいた!と思えましたよ!

さらに、湖での対決!

これも、ちゃんと水に潜るんです!

文章では、説明できない(笑)

しかも、観客も湖の中にいるという視線で、ちゃんと水の中の様子が見れるんです。

そして、実際にキャストは水の中に潜っちゃいますし、水から上がってきます!

ビチョビチョです!

最後の迷路も、シンプルなんですが、ちゃんと迷路なんです!

また、どの場面でも、変わり目が実に素早く、何より静か!

どれも、言葉では説明できません!

まとめ

今回は、舞台『ハリーポッターと呪いの子』のプレビュー公演について、感想レポートを書かせていただきました。

6月22日のプレビュー公演(夜の部)は、プレビュー公演初日から数えて6公演目。

まだまだキャストの皆さんもスタッフの皆さんも、試行錯誤されている段階なのかもしれませんが、すでに完成度の高い公演だったように思います。

当たり前のことですが、舞台の様子を写真撮影することもできませんし、感想を文章だけでご説明するのはとても難しいです!

でも、少しでも舞台の魅力がお伝え出来たなら、嬉しいです。

そして、ぜひ実際に見ていただきたいと思います!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

藤原竜也の舞台ハリポタのチケットは完売!今からでも手に入れる方法3つ!
※色々と、さらに厳しい状況になってしまっていますが、可能性は0ではない!!! と思って、私も粘っています(笑) ========================== 舞台『ハリーポッターと呪いの子』は6月16日からのプレ公...

 

ハリーポッター舞台はいつまで?地方公演の可能性は大阪も期待薄と予想!
2022年7月8日に開幕した舞台「ハリーポッターと呪いの子」。 2022年12月末までのチケットはすでにほぼ完売! 7月8日からは、2023年1月~5月分のチケットの先行販売が始まりました。 今回の舞台は「ロングラン公演」...

 

スポンサーリンク
エンタメ
Aki-tomaをフォローする
トマト★ジャーナル

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました