唐澤拓海は退部してない!怪我や貧血を克服しイケメンぶりも健在! | トマト★ジャーナル

唐澤拓海は退部してない!怪我や貧血を克服しイケメンぶりも健在!

スポーツ

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています★

スポンサーリンク

唐澤拓海(からさわ たくみ)選手は、駒澤大学陸上競技部のメンバーで、2023年4月で4年生になりました。

実力もあり、さらにイケメンで女性ファンも多い選手です。

しかし!

唐澤拓海選手は、2022年1月に行われた箱根駅伝を最後に、2023年4月までの約1年3か月もの間、表舞台から姿を消していました。

退部したのでは?

といったウワサもありましたが、退部はしていませんでした!

 

試合に出ていなかった1年以上もの期間、なんと怪我や貧血に悩まされていたことが判明!

今回の記事では、イケメンで人気者でもある、唐澤拓海選手についてレポートしたいと思います!

▼この記事でわかること▼
■唐澤拓海は退部していない!
■唐澤拓海は怪我や貧血を克服!
■唐澤拓海のイケメンぶりは健在!
■唐澤拓海:最後の三大駅伝
■唐澤拓海のプロフィール
田澤廉はなぜ駒澤大学を選んだ?理由は大八木監督と中村匠吾と「駅伝」!
陸上の長距離選手である田澤廉(たざわれん)選手は、最も人気の高いランナーの一人と言えるでしょう。 田澤廉選手は、2023年3月で大学を卒業され、その後はトヨタ自動車で競技を続けています。 田澤廉選手は、駒澤大学1年生の頃から、駅伝メンバーに...
佐藤圭汰の中学・高校時代は?高校日本記録×3で駅伝強豪の駒澤大学へ進学!
佐藤圭汰選手は、2022年春に駅伝の強豪・駒澤大学に進学された陸上選手で「令和の怪物」と称されることもある大型ルーキーです。 今回は、そんな佐藤圭汰選手の中学・高校時代をご紹介! 佐藤圭汰選手は、高校時代に、1500m・3000m・5000...
スポンサーリンク

唐澤拓海は退部していない!

2023年4月に駒澤大学4年生になった唐澤拓海選手。

大学に入学してからずっと、駒澤大学陸上競技部のメンバーであり、退部はされていません!

↑2021年、2年生のときの関東インカレ(関東学生陸上競技対校選手権大会)において、5000m、10000mで日本人トップ。

2022年1月の箱根駅伝では1区間2位と活躍。

次世代エース候補として活躍が期待された唐澤拓海選手。

 

しかし!

2022年1月の箱根駅伝を最後に、表舞台から姿を消しました。

退部したのでは!?

そんなウワサもありましたが・・・。

退部はしていませんでした!

 

2023年4月8日、1年3ヶ月ぶりに世田谷競技大会男子5000mに出場し、その後もレースに出場しています。

 

2年生からレースで良い結果を残し、箱根駅伝でも活躍した唐澤拓海選手。

3年生のときにはその名前も聞かれなくなり、1度もレースに出場していないわけですから、

「退部してしまったのでは・・。」

そう心配にもなりますよね。

それでは、なぜ1年3ヶ月もの間、唐澤拓海選手は表舞台から姿を消していたのでしょうか。

 

唐澤拓海は怪我や貧血を克服!

唐澤拓海選手は、1年3ヶ月もの間、表舞台から姿を消し、3年生のときには一度もレースに出場しませんでした。

その理由は、度重なる怪我、貧血にも悩まされていたからです。

 

競技から離脱していた1年3ヶ月

唐澤拓海選手は、2021年の2年生のときの、4月の記録会で、10000mで28秒02秒52を出して注目を集めました。

その後、5月の関東インカレ(関東学生陸上競技対校選手権大会)では5000mと10000mで日本人トップの3位。

 

その後は怪我を繰り返しながらも、2022年1月の箱根駅伝では1区2位と活躍し、1学年先輩の田澤廉選手(現・トヨタ自動車)の区間賞をアシストしました。

 

しかし、2022年3月に左ひざを負傷

 

レースの予定を入れていたからと焦って練習を再開したからか、治ってもまた痛めての繰り返しだったそうです。

その後、アキレス腱も痛め、チームを離脱し、2022年の3年生の間は一度もレースに出場できませんでした。

 

さらに、貧血にも悩まされていたとか。

貧血については詳しいことはわかりませんでしたが、ランナーに貧血はよくあるようです。

ランナーは長時間ランによって発汗量が多いため、汗への鉄の流出量が増加するばかりか、ランニング後は鉄の尿中排泄量が増加するため、鉄の損失量が多くなります。

また、長時間に及ぶレースでは、胃や腸管が傷ついて出血が生ずることも明らかになっています。

引用元:TOKYO MARATHON2024

ひざや、アキレス腱を痛めただけではなく、貧血までも・・・。

3年生のときは一度もレースに出られず、全く走らない時期を過ごし、相当辛い思いをしていたことが想像できます。

 

その間、チームは3大駅伝で史上5校目となる三冠を果たしました。

三冠に関しての詳しい記事はコチラ!

この駒澤大学の快進撃は本当に喜ばしいことですが、唐澤拓海選手は、素直に喜べなかったようです。

「もちろんうれしかったですが、どこか他人事のような感覚でした」

と、当時の心境を振り返る。

「悔しい」という感情も湧き起こらないほど、自身の中で気持ちが競技に対して向いていなかった。

引用元:Yahooニュース(2023年4月30日)

怪我や貧血での辛さもそうですが、全く走らない日が続き、もどかしく、気持ちが沈んだり、落ち込む日々が続いたのかもしれませんね。

ついに競技に復帰!

辛い日々を乗り越え、怪我や貧血を克服し、唐澤拓海選手は2023年4月、ついに復活します!

1年3ヶ月ぶりに、2023年4月8日、世田谷競技会の5000mに出場し、見事1着に!

 


また、このレースのことを唐澤拓海選手は、こう振り返っています。

――走りを振り返って

「何度かきつくなり、もう無理だとも思ったが、負けるわけにはいかないという気持ちもあった。

最低限日本人トップが取れてよかった。

3番以内に入れなかったことは情けないなと感じる」

引用元:コマスポ(2023年5月13日)

以前は、悔しいという気持ちも湧き起らないほどだった唐澤拓海選手。

このレースで、悔しさを口にしているということは、気持ち的にも復活したようですね!

 

【復帰後の主な戦績】

4月8日 世田谷競技会
男子5000m8組
13分50秒56 (1着)
4月24日 日体大長距離競技会
「NITTAIDAI Challenge Games」
10000m
27分57秒52(自己新)
5月11日 関東インカレ
(関東学生陸上競技対校選手権大会)
10000m
28分26秒83
(日本人トップの4着)
11月19日 上尾シティーハーフマラソン
男子ハーフマラソンの部
1時間07分08秒(174位)

 

そして、唐澤拓海選手は、史上初、2年連続の3冠を目指す三大駅伝についても思いを語っていました。

「全ての駅伝で1区を走りたい。

駅伝シーズンから1月の箱根駅伝まで良い状態で持っていく。

走るからには区間賞、最低でも3番以内が目標です」

引用元:スポーツ報知(2023年5月11日)

 

なんともたのもしいコメントです!

レースの結果といいい、この発言といい、全てにおいて完全復活と言ってもよいのではないでしょうか。

怪我や貧血などを克服し、辛い思いをしてきたからこそ、三大駅伝ではチームに貢献し、実力を発揮してくれることでしょう。

果たして1区を走るのか!?

唐澤拓海選手は、最終学年である4年生。

最後の一年に向けて、熱い想いを持っているのは間違いないですよね。

唐澤拓海選手の今後の活躍が楽しみですね!

 

唐澤拓海のイケメンぶりは健在!

唐澤拓海選手は、走っている姿はもちろん、どんな姿もイケメン!

1年生の頃から、とても人気がありました。

165㎝という少し小柄な身長だからか、可愛らしい雰囲気もありますね。

そんな唐澤拓海選手は、復帰後もそのイケメンぶりは健在なようです。

確かに、髪をなびかせて走っている姿は、特にかっこよく、確かにイケメンぶりは健在ですね!

 


そんな復活を喜ぶ女性ファンの声もたくさんあるようです。

 

三大駅伝では1区を走り、区間賞を取りたい!

そう語る唐澤拓海選手にファンからは、

「たのもしい」

といった声も聞こえてきます。

今後の活躍で、唐澤拓海選手にはさらにファンが増えそうですね。

 

唐澤拓海:大学最後の三大駅伝

見事復活した唐澤拓海選手。

気になるのは唐澤拓海選手の最後の三大駅伝の結果ですが・・・。

 

残念ながら、出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝と、全て出場できませんでした。

ファンの皆さんも残念だったと思いますが、何よりも唐澤拓海選手本人は、相当辛い、悔しい思いをしているでしょう。

 

実は、唐澤拓海選手は、先ほどお伝えした2023年5月8日に行われた関東インカレ2部10000mで、日本人トップの4位という好成績をおさめ、完全復活かに思われたのですが・・。

 

その後6月にかかとを痛めたり、腰痛にも苦しみ、夏合宿などは距離を踏めなかったそうです。

その影響もあり、2023年10月の出雲駅伝・11月の全日本大学駅伝共に、メンバーから外れてしまいます。

【駒澤大学】
出雲駅伝・大会新記録で見事優勝!
全日本大学駅伝の結果・4年連続16回目の優勝!

その後はきっと、箱根駅伝に出たい!

そんな思いで練習をしてきたと思いますが、箱根駅伝の選考レースになった、2023年11月の上尾シティーハーフの結果は1時間6分20秒で、174位という結果に終わってしまいます。

 

急ピッチで仕上げた上尾のダメージが大きく、箱根の合宿に入る前、唐澤は藤田敦史監督に「今回は厳しい」と選考合宿を辞退する旨を伝え、メンバーから外れることになった。

引用文:YAHOOニュース(2023年12月15日付)

箱根駅伝は自ら辞退を申し出ていたのです。

 

それでも、2024年1月2日・3日に行われた箱根駅伝では、3区15kmの給水地点に唐沢拓海選手の姿が!

3区なので、2年生の後輩、佐藤圭汰(さとう けいた) 選手を待っていたのでしょう。

 

メンバーから外れ、走れなくても仲間を支えたいという思いが伝わってくる場面でした。

【駒澤大学・箱根駅伝】
総合2位。惜しくも三冠ならず!

出雲駅伝、全日本大学駅伝に続き、優勝を目指していた駒澤大学にとって、悔しい結果で終わった箱根駅伝。

唐澤拓海選手個人としても、悔しい思いで終わってしまった大学最後の三大駅伝だったと思います。

それでも前を向いて、この悔しさをどこかで生かしてほしいです。

 

唐澤拓海のプロフィール

怪我や貧血を克服し、一度はレースの世界に完全復活を果たした唐澤拓海選手。

しかし、最終学年である2023年度は再び怪我に泣きました。

簡単なプロフィールをまとめてみました!

氏名 唐澤 拓海
(からさわ たくみ)
生年月日 2001年10月11日
年齢 2024年10月の誕生日で23歳
出身地 埼玉県草加市
出身高校 花咲徳栄高等学校
(2020年3月卒業)
大学 駒澤大学
(2024年1月現在4年)
身長 165㎝
体重 53㎏
駒澤大学陸上競技部公式HPはコチラ

唐澤拓海選手は、小学校ではバトミントンに取り組み、中学校で陸上競技を始めました。

花咲徳栄高校時代に急成長を遂げ、高校3年生のときの、全国都道府県対抗男子駅伝4区で区間賞を獲得してブレイクし、駒澤大学に入学しました。

 

怪我などを克服し、一度は見事復活した唐澤拓海選手。

 

しかし、その後も、2023年6月にかかとを痛めたり、腰痛があったりと思うように練習ができない日々が続き・・。

2023年10月の出雲駅伝・11月の全日本大学駅伝・2024年1月の箱根駅伝と、全てエントリーから外れてしまいました。

 

また、気になる唐澤拓海選手の卒業後の進路ですが、調べたところ、まだ公表されていませんでした。

ただ、4年生の1月現在・・・まだ進路が決まっていないという事も考えにくく、どこかに決まっているのではないかと考えられます。

ちなみに、同じ4年生の鈴木芽吹(すずき めぶき)選手、花尾恭輔(はなお きょうすけ)選手、赤星雄斗(あかほし ゆうと)選手などは実業団へ行くことが決まっています。

 

また、故障などで思うように練習ができない最後ではありましたが、実力のある選手です。

 

・陸上を続けるのなら、実業団へ進むのか。

・引退の可能性もあるのか。

 

ファンとしたら気になりますよね。

ただ、どのような道に進むにしても、この経験を生かして進んでほしいですね!

今後、情報がありましたら追記します!!

 

まとめ

今回は、駒澤大学陸上競技部4年生の唐澤拓海選手についてご紹介しました!

イケメンで、女性ファンも多く、2年生の箱根駅伝では2区を走り、区間2位と活躍した唐澤拓海選手でしたが、

この箱根駅伝を最後に、2023年4月までの約1年3ヶ月もの間、表舞台から姿を消していました。

退部したのでは・・。

というウワサも流れましたが、退部はしておらず。

 

退部はしていないものの、怪我や貧血に悩まされていました。

その間、辛い思いもされましたが、見事乗り越えて克服、2023年4月に競技に復活しました!

関東インカレでは日本人トップの4位という戦績を残すなど、完全に復活したようです。

そのイケメンぶりも健在で、走っている姿もさわやかでかっこいいですね。

 

そんな唐澤拓海選手ですが、2023年6月にかかとを痛めたり、腰痛があったりと思うように練習ができず、その後急ピッチで仕上げたこともあり、三大駅伝全て出場できませんでした。

きっと相当悔しい思いをされたことでしょう。

また、卒業後の進路も決まっていませんが、実力のある選手です。

今後の唐澤拓海選手にまだまだ注目したいですね。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

田澤廉はなぜ駒澤大学を選んだ?理由は大八木監督と中村匠吾と「駅伝」!
陸上の長距離選手である田澤廉(たざわれん)選手は、最も人気の高いランナーの一人と言えるでしょう。 田澤廉選手は、2023年3月で大学を卒業され、その後はトヨタ自動車で競技を続けています。 田澤廉選手は、駒澤大学1年生の頃から、駅伝メンバーに...
佐藤圭汰の中学・高校時代は?高校日本記録×3で駅伝強豪の駒澤大学へ進学!
佐藤圭汰選手は、2022年春に駅伝の強豪・駒澤大学に進学された陸上選手で「令和の怪物」と称されることもある大型ルーキーです。 今回は、そんな佐藤圭汰選手の中学・高校時代をご紹介! 佐藤圭汰選手は、高校時代に、1500m・3000m・5000...
スポンサーリンク
スポーツ
OosawaMakiをフォローする

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました