赤星雄斗の父は元阪神/赤星ではない!出身中学や高校時代についても調査! | トマト★ジャーナル

赤星雄斗の父は元阪神/赤星ではない!出身中学や高校時代についても調査!

スポーツ

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています★

スポンサーリンク

2023年10月9日に行われた出雲駅伝。

この日、優勝をしたのは駒澤大学でしたね。

圧巻の走りで、大会新記録での優勝でした。

実は、この日、駒澤大学の5区を走る予定だったのが、4年生の赤星雄斗(あかほし ゆうと)選手でした。

しかし、当日のメンバー交代で、急遽控えにまわることに。

 

直前でのメンバー交代でとても悔しい思いをした赤星雄斗選手でしたが、同じ日に行われた出雲市陸協記録会5000m(通称「もうひとつの出雲駅伝」)に出場し、トップでゴール!!!

出雲駅伝には出場できなかったものの、しっかりと結果を残しました。

 

そんな赤星雄斗選手の父親が、元プロ野球選手で、阪神で活躍された赤星憲広さんなのでは?というウワサが!!!

しかし、それはガセネタのようです。

では、実のご両親(父/母)は、どんな方たちなのでしょうか。

また、赤堀優斗選手の出身中学や高校時代についても、ご紹介します!

【追記/2023.11.5&2024.1.3】
赤星雄斗選手は、2023年11月5日に行われた全日本大学駅伝で4区を区間2位のタイムで好走し、駒澤大学の優勝に貢献!

また、2024年1月3日に行われた箱根駅伝復路の8区では区間4位でした。
【追記/2024.1.10付】
赤星雄斗選手は、駒澤大学を卒業後、大塚製薬に就職され、陸上生活を続けるそうです。
▽この記事でわかること▽
■赤星雄斗の父は元阪神/赤星ではない!
■赤星雄斗の両親(父/母)はどんな人?
■赤星雄斗の中学時代は?
■赤星雄斗の高校時代は?
■赤星雄斗のプロフィール
鈴木芽吹はなぜ駒澤大に?田澤廉の背中を追いかけた日々を徹底調査!
鈴木芽吹(すずき めぶき)選手は、駒澤大学陸上競技部のメンバーで、2023年4月で4年生になりました。 4年生からは主将を務めています。 主将になってからは、チームのために前を向いている姿も印象的です。 高校生の頃から才能を発揮していた鈴木...
佐藤圭汰の中学・高校時代は?高校日本記録×3で駅伝強豪の駒澤大学へ進学!
佐藤圭汰選手は、2022年春に駅伝の強豪・駒澤大学に進学された陸上選手で「令和の怪物」と称されることもある大型ルーキーです。 今回は、そんな佐藤圭汰選手の中学・高校時代をご紹介! 佐藤圭汰選手は、高校時代に、1500m・3000m・5000...
伊藤蒼唯の父親と母親と2人の弟も陸上経験者!身長などプロフも紹介!
伊藤蒼唯(いとうあおい)選手は2023年10月現在、駒澤大学の2年生で陸上競技部に所属しています。 2023年1月に行われた第99回箱根駅伝では、1年生ながら6区に選ばれ、58分22秒の記録で区間賞を獲得されました。 この日、伊藤蒼唯選手は...
スポンサーリンク

赤星雄斗の父は元阪神/赤星ではない!

2024年1月現在、駒澤大学陸上競技部4年生の赤星雄斗選手。

2024年3月には、駒澤大学を卒業されます。

父親は元阪神タイガースの赤星憲広さんなのでは!?

というウワサがありましたが・・・赤星憲広さんは赤星雄斗選手の父親ではありません!

なんだか・・お二人が似ているので、そのようなウワサが流れたのかもしれませんね。

「他人の空似」という言葉がありますが、親子と言われたら信じてしまうくらい似ていると思いませんか???↓↓↓

↑赤星雄斗選手と、赤星憲弘さんのお二人の写真、見比べるととっても似ています!!!

 

【元阪神タイガースの赤星憲広さんとは】
・1976年4月10日生まれ(2023年11月現在47歳)
・亜細亜大学卒業後、JR東日本を経て、2021年阪神タイガースにドラフト4位で入団
・新人王、盗塁王を5回、ゴールデングラブ賞を6回獲得するなど、現役時代は大活躍
・2009年に11年間のプロ野球人生を終え、引退

 

しかし、実際に、赤星憲広さんと全く「縁」がないわけでもないようです。

というのも、赤星憲広さんと、赤星雄斗選手の実際の父親のお誕生日が一緒なのです!

プロ野球阪神で活躍した赤星憲広氏と同じ名字の快足ランナーは、

「自分の父は阪神タイガースで活躍した赤星さんと誕生日が一緒なんです」

と明かした。

引用元:日刊スポーツ(2023年1月3日)

ただ、偶然、お二人の誕生日が一緒というだけなのですが、ちょっと面白い「縁」ですよね。

「赤星」という苗字も珍しいですよね。

「赤星」という苗字が一緒で、誕生日も同じ。

この2点が合致する確率は、かなり低いと言えそうです。

 

さて、赤星憲広さんがご結婚されたのは、2022年4月4日!!!

つい最近のことなのですね。

大学生の息子さんがいるはずもありません。

 

また、赤星憲広さんは、とても足が速く「球界最速」と言われた走塁のプロ!

現役時代を知っている人には、「赤星=足が速い」のイメージがとても強いと思います。

だからこそ、マラソン選手である赤星雄斗選手のお父さんかも?と思った方がいた可能性もありますね。

同じ「赤星」つながりで、今後も、かつての盗塁王・赤星憲広さんのような快足を、赤星雄斗選手に期待したいですね!

 

赤星雄斗の両親(父/母)はどんな人?

元阪神タイガースの赤星憲広さんが、赤星雄斗選手のお父様ではないとわかったところで、実際のご両親はどのような方たちなのでしょうか。

調べてみましたが、情報がなく、詳しいことはわかりません。

過去のインタビューなどでも、ご両親のことや、兄弟姉妹に関することなど、ご家族のことに触れている記事を見つけることができませんでした。

 

しかし、ご両親は元陸上選手だったり、他のスポーツの経験者だった可能性はありますね。

ご両親の優れた運動神経が、息子さんである雄斗選手に引き継がれているのかもしれません。

 

「赤星」という苗字が珍しいことから、もし兄弟姉妹がいて、赤星雄斗選手と同じように何かスポーツをされていたならば、気付かれそうですよね。

でも、今のところ、「京都出身の赤星さん」と調べても、赤星雄斗選手以外に学生アスリートを見つけることができませんでした。

 

また、後ほどご紹介しますが、赤星雄斗選手は京都府にある私立洛南(らくなん)高等学校に通っており、そのときは寮ではなく実家から通っていたそうです。

この後ご紹介するように、中学校も京都府内の学校に通っていたので、ご実家が京都にあるというのは確実ですね。

ご両親は、京都出身の方かもしれません。

※ちなみに、赤星憲広さんは愛知県刈谷市のご出身です。

洛南高校には、地元を離れて寮生活をしている生徒もたくさんいます。

そんな中、実家から通っていた赤星雄斗選手は、恵まれていたことも多かったのではないでしょうか。

心置きなく陸上部での活動ができるように、食事面や生活面などで、ご両親が精一杯サポートをされていたのではと想像できます。

 

駒澤大学に入学してから初めての寮生活になりましたが、今でもご両親も陰ながら支え、応援されていることでしょう!

2023年シーズンは、赤星雄斗選手にとって大学最後の年。

2024年1月2~3日に行われた箱根駅伝が、大学での陸上生活を締めくくる大会となりました。

そんな学生時代を締めくくる息子さんの雄姿を見に、きっとご両親は試合会場まで応援に駆け付けられたのではないでしょうか。

 

赤星雄斗の中学時代は?

赤星雄斗選手が通っていた中学校は、京都府城陽市にある、城陽市立南城陽(みなみじょうよう)中学校です。

赤星雄斗選手は、2014年~2016年まで在籍していました。

城陽市立南城陽中学校HPはコチラ

中学時代も、学校の陸上部に所属していました。

 

南城陽中学校陸上部は、数々の大会に出場しており、2023年10月に行われた山城地方中学校男子駅伝競走大会、山城地方中学校女子駅伝競走大会の両方とも優勝を果たしています。

さすが、赤星雄斗選手の母校です!

そこで、赤星雄斗選手の中学校時代の戦績についても調べてみました。

■2016年(3年):『山城地区中学校駅伝大会』1区2位(総合順位3位)
■2016年(3年):『城久春季大会』 3000m1位
■2016年(3年):『京都府中学駅伝』1区3位(総合順位8位)

当時の試合の記録は、あまり見つけることができませんでしたが、3年生になってから3000mで1着になるなど、よい結果を出していたようです。

きっと、1年生のときからコツコツ練習を重ねてきた結果が3年生で出たのでしょう!

 

赤星雄斗の高校時代は?

赤星雄斗選手が通っていた高校は、京都市南区にある私立洛南(らくなん)高等学校です。

赤星雄斗選手は、2017年4月~2020年3月に在籍していました。

私立洛南高校のHPはコチラ

洛南高等学校といえば、文武両道を謳う名門校。

複数の競技の全国大会常連校で、陸上部からも多くの有名ランナーを輩出しています。

何と言っても有名なのは、男子100m走で日本人として初めて10秒を切った桐生祥秀(きりゅう よしひで)選手。

 

駅伝関係では、三浦龍司選手が、洛南高等学校時代の同級生!

三浦龍司選手は、順天堂大学陸上部で大活躍され、東京五輪2020にも出場されたので、ご存じの方も多いと思います。

 

さらに、2学年下には、同じ駒澤大学に進学した佐藤圭汰選手もいました!

 

そんな強豪校で、赤星雄斗選手は1年生のときから3年連続で、全国高校駅伝のメンバーに選ばれています。

全国高校駅伝での戦績は、以下の通りです。

■2017年(1年):7区25位・総合順位45位
■2018年(2年):4区11位・総合順位9位
■2019年(3年):4区20位・総合順位11位

2019年に行われた、赤星雄斗選手にとって高校最後の全国高校駅伝。

この時に、洛南高校の駅伝チームとして出場した面々がスゴ過ぎます!

↓赤星雄斗選手と、三浦龍司選手(順天堂大)、佐藤圭汰選手(駒澤大)、諸冨湧選手(早稲田大)、内藤一輝選手(帝京大)、佐野拓実選手(中央大)、小牧波亜斗(駒澤大)!

全員が大学進学後も活躍されている、すごいメンバーですよね!

このような強豪校で、練習を重ねてきた赤星雄斗選手。

高校時代には、駒澤大学の恩師、大八木弘明前監督が練習を見学しにきたりもしたそうで、その後声がかかり、駒澤大学を意識し始めたのだとか。

高校時代には、すでに何か光るものがあったのでしょうね。

 

赤星雄斗のプロフィール

高校時代には、現在も大学で活躍している豪華メンバーたちと競技、練習をしてきた赤星雄斗選手。

そんな赤星雄斗選手のプロフィールをまとめてみました。

氏名 赤星 雄斗
(あかほし ゆうと)
生年月日 2002年3月8日
(2024年3月の誕生日で22歳)
出身地 京都府城陽(じょうよう)市
出身中学校 城陽市立南城陽(みなみじょうよう)中学校
(2017年3月卒業)
出身高校 私立洛南(らくなん)高等学校
(2020年3月卒業)
大学 駒澤大学
(2024年3月卒業予定)
学部 法学部 法律学科

 

【自己ベスト/2024年1月現在】

★5000m
2021年7月(2年)『日本体育大学長距離競技大会』13分57秒55
★10000m
2022年7月(3年)『富士裾野トラックミート』30分07秒21
★ハーフマラソン
2022年11月(3年)『上尾シティハーフマラソン』1時間02分00秒
駒澤大学陸上競技部HPはコチラ

 

駒澤大学に入った1年目。

赤星雄斗選手は、調子がいまひとつあがらず「大学三大駅伝」には一度も出場することができませんでした。

大学三大駅伝とは、毎年10月に行われる「出雲駅伝」、11月に行われる「全日本大学駅伝」そして、1月に行われる「箱根駅伝」のことを指します。

「昨年の分も結果を残そう!」と意気込んでいた2年生。

赤星雄斗選手の大学駅伝デビューは、2年生/2021年11月の全日本大学駅伝でした。

赤星雄斗選手の、2年生以降の駅伝戦績は、以下の通りです。

【出雲駅伝】 【全日本駅伝】 【箱根駅伝】
2021年度(2年生) 直前交代で出場せず 4区(区間4位) 直前交代で出場せず
2022年度(3年生) エントリーされず エントリーされず 直前交代で出走!
2023年度(4年生) 直前交代で出場せず 4区(区間2位) 復路8区(区間4位)

↑この表を見ていただくとわかるように、実は先日の出雲駅伝(2023.10.9)以外にも、駅伝の大会にエントリーされつつも直前で変更になり、走れなかった経験が2回もあったのです!

 

逆に、3年生の時の箱根駅伝(2023年1月)では、当日変更で起用になり8区を走るという経験もされています。

この時は、前年の悔しさを晴らすように、区間4位で1時間4分37秒をマークし、駒澤大学の記録を更新しました。

【駅伝エントリーについて】
※細かい規定は大会によって変わってきます。
■数日前にチームエントリーが確定します。
■2~3日前くらいにチームエントリーの中から、区間の選手配置と、補員が登録されます。
■当日の朝、メンバー変更の受付があり、選手と補員の交代が認められています。
↑↑赤星雄斗選手のように、エントリーされていても当日急に走ることになったり、走れなかったりするわけです。
駅伝ではよくあることとは言え、いずれも、メンタル的に負担が大きいでしょうね。

そして、記憶に新しいのが、2023年の10月の出雲駅伝。

この日、赤星雄斗選手はエントリーされていたのに、直前に交代させられ、走ることができませんでした。

しかし、同じ日に行われた出雲市陸協記録会(通称「もうひとつの出雲駅伝」)に出場。

5000m14分01秒23で、見事1着でゴールイン!!

こちらもまた、『出雲駅伝』での悔しい気持ちを晴らす見事な結果でした!!

全日本と箱根に向けて、ここで勝ち切らないとアピールにはならないと思っていました。

最後に出るだけのかたちになってしまいましたが、勝ちにこだわってやってきました

引用元:YAHOOニュース(2023年10月10日)

 

そして、2023年11月5日(日)に開催された『全日本大学駅伝』、2024年1月2~3日に開催された『箱根駅伝』には、無事出場を果たされました!

 

まとめ

今回は、駒澤大学陸上競技部4年(2024年1月現在)、赤星雄斗選手について調査してみました。

赤星雄斗選手の父親は、元阪神タイガースの赤星憲広さんなのでは!?

実際に、お2人はそっくり!!!

しかし、赤星憲広さんは赤星雄斗選手の父親ではありませんでした。

ですから、実際のご両親はどんな方なのか気になりましたが、一般の方ということで詳しいことはわかりませんでした。

しかし、赤星憲広さんとお父さんのお誕生日が一緒という、面白い「縁」があることがわかりましたね。

 

赤星雄斗選手は、京都府の城陽市立南城陽中学校に通っていました。

そして、高校は、陸上部の強豪校である私立洛南高等学校。

高校時代の赤星雄斗選手は、3年連続で全国高校駅伝のメンバーに選ばれています。

そして、高校卒業後は、2020年代に入り「最強豪校」とも言われている駒澤大学に進学されました。

駒澤大学の陸上競技部に所属してからは、駅伝の大会で幾度かエントリーされつつも、直前でメンバーから外れて走れなかった経験をしています。

記憶に新しいのが、2023年10月9日の出雲駅伝。

この日も、エントリーされていたにも関わらず、当日変更に。

しかし、同じ日におこなわれた『出雲市陸協記録会』(通称「もうひとつ出雲駅伝」)に出場し、見事1着でゴールインしました。

2023年11月5日に行われた『全日本大学駅伝』、学生最後の試合となる2024年1月2~3日に行われた『箱根駅伝』には、無事?出場されました。

赤星雄斗選手は、2024年3月には駒澤大学を卒業されます。

卒業後は、大塚製薬に就職され、陸上生活を続けるそうです。

大学卒業後の赤星雄斗選手の活躍にも注目していきたいですね。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポーツ
OosawaMakiをフォローする

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました