鈴木芽吹(めぶき)は怪我(故障)の影響は無い?現在は完治で調子は上向き?

スポーツ
スポンサーリンク

駒澤大学陸上部の鈴木芽吹(めぶき)選手は、田澤廉選手と並ぶWエースとして、大きな期待を寄せられている選手です。

しかし、昨年度は怪我(故障)の為に満足のいく結果を残せず、悔しい一年となりました。

2022年度になり、鈴木芽吹選手は、昨年の怪我(故障)を克服することが出来たのでしょうか?

もう怪我(故障)の影響は無い?

現在はもう完治して、調子は上向き?

10月から始まる駅伝シーズンを前に、鈴木芽吹選手の現在を調査していきます!

 

★追記★
鈴木芽吹選手は、2022年10月10日に行われた出雲駅伝に出場されました!
結果は本文で!
▽この記事でわかること▽
■鈴木芽吹は怪我(故障)の影響はない?
■鈴木芽吹は現在は完治して調子は上向き?
鈴木芽吹/出雲駅伝2022の結果!
■鈴木芽吹のプロフィール

 

田澤廉はなぜ駒澤大学を選んだ?理由は大八木監督と中村匠吾と「駅伝」!
陸上の長距離選手である田澤廉(たざわれん)選手は、2022年7月15日からアメリカ・オレゴンで開催される『世界陸上2022』で男子10000mに出場されます! 田澤廉選手といえば、現在駒澤大学の4年生で、陸上部に所属。 1年生の...
佐藤圭汰の中学・高校時代は?高校日本記録×3で駅伝強豪の駒澤大学へ進学!
佐藤圭汰選手は、2022年春に駅伝の強豪・駒澤大学に進学された陸上選手で「令和の怪物」と称されることもある大型ルーキーです。 今回は、そんな佐藤圭汰選手の中学・高校時代をご紹介! 佐藤圭汰選手は、高校時代に、1500m・3000...
佐藤圭汰の父親は陸上経験者!兄弟や家族構成と身長体重など基本情報も!
佐藤圭汰選手は、2022年春に京都・洛南高校から駒澤大学に進学された陸上選手で、今年大学に入学された陸上選手の中でも特に注目されている大型ルーキーです。 「令和の怪物」と称されることも! そんな佐藤圭汰選手の父親が、陸上経験者と...
スポンサーリンク

鈴木芽吹は怪我(故障)の影響はない?

鈴木芽吹選手は、昨年2021年の夏合宿後に、右大腿部に違和感を感じ、レントゲン撮影をしたところ、疲労骨折していたことがわかりました。

怪我をしてから、1年以上経過した2022年10月10日に開催される出雲駅伝のメンバーに選ばれていることから考えると、もうこの時の怪我(故障)の影響は見られないようです。

 

では、昨年夏の怪我(故障)の後、どのような経緯を辿ったのか振り返ってみましょう。

出雲駅伝・全日本大学駅伝に出場ならず

2021年夏に怪我(故障)してしまった鈴木芽吹選手。

「成績も上がっている中、けがへの注意、油断していた部分はあったかなと思っています」

引用元:スポーツ報知

 

実は、高校生の頃にも、同じような場所を3回も疲労骨折した経験があり、その時に「骨密度が低い体質で、治るのにも時間がかかる」と言われていました。

鈴木芽吹選手は、大学1年生の時から駅伝メンバーに選出された期待のルーキー。

2年生になり、すでに「次期エース」と呼び声も高い注目選手ですよね。

そんなこともあり、少し無理をしてしまっていたのかもしれませんね。

 

この時、10月から始まる駅伝シーズンを目標に、トレーニングをしていた矢先のことで、怪我をした後は、少しでも早く治るようにと、あらゆる治療を受け、手をつくされたと思います。

しかし、2021年10月10日に行われた出雲駅伝だけでなく、11月の全日本大学駅伝までも、出場が叶いませんでした。

というのも、出雲駅伝の後、一度回復したと思って練習を再開したのですが、そこでまた再発するような形で、また痛みを感じるようになってしまったとのこと。

恐れていたことが起こってしまった・・・といった感じでしょうか。

「早く戻りたいと焦って練習して、痛みがぶり返してしまった。

ちょっと油断していました。」

 

というわけで、2021年度、鈴木芽吹選手は、10月の出雲駅伝、11月の全日本大学駅伝の2つの大きな大会に出場出来ませんでした。

駒澤大学の成績としては、出雲駅伝では5位に終わり、一方、全日本大学駅伝では、優勝という結果でした。

2021年12月に受けたインタビューで、鈴木芽吹選手はこの2つの駅伝に関して、以下のように答えています↓↓↓

「出雲駅伝はチームとして3冠を目指していての5位でした。

本当に悔しいのと、自分が走れなくて情けないというのが大きかった。

全日本は足並みそろわない中でも、優勝を勝ち取れた。

その時は、走れない悔しさよりも、仲間たちが頑張ってくれたのがうれしかった」

引用元:スポーツ報知

箱根駅伝には出場!しかし・・・

3大駅伝のうちもっとも注目されるビッグイベントである箱根駅伝。

鈴木芽吹選手は、何とか怪我を克服し、2022年1月に行われた箱根駅伝に出場することが出来ました!

任されたのは、復路8区。

補欠から、当日のエントリー変更での出場でした。

しかし、結果は区間18位。

2位でタスキを受け取ったにも関わらず、途中順位を4つも落とし、6位になってしまいました。

もちろん、これは、本来の鈴木芽吹選手の走りではありません。

試合後に、駒澤大学の大八木監督が以下のようにインタビューに答えています↓↓↓

大八木弘明監督(63)は復路後のテレビインタビューで

「芽吹は15キロ地点で、前に傷めていたところを、またちょっと傷めてしまった。

あの区間でも良くない位置にいたし、その辺の流れがうまく行かなかった」

と、レース中に脚のコンディション不良に見舞われたと話した。

引用元:中日スポーツ

 

2022年1月の箱根駅伝の駒澤大学の最終成績は、総合3位。

前の年(2021年)は優勝していましたので、残念ながら2連覇することは出来ませんでした。

鈴木芽吹選手としても、2021年度の駅伝シーズンは、とても辛い結果に終わってしまいました。

でも、だからこそ、2022年度に向けて、全力で調整してきていることでしょう!

次は、鈴木芽吹選手の現在について、ご紹介していきます!

鈴木芽吹は現在は完治して調子は上向き?

2022年度に入り、鈴木芽吹選手の怪我(故障)の様子はどのような感じなのでしょうか。

2022年5月のNumberWebの記事では、以下のように書かれています↓↓↓

鈴木芽吹もまだ本調子には程遠い。

引用元:NumberWeb

 

また、7月に入ってからも、以下のように評されてしまいました↓↓↓

駒澤大の今季の目標は、「3大駅伝制覇」である。

その目標に欠かせないのは、チームの最大勢力の3年生たちだ。

好調なのは、花尾恭輔らごく一部の選手にかぎられており、鈴木芽吹、唐澤ら昨年好走した選手の活躍は大会から見てとれない。

引用元:Yahooニュース

あまり良いことは書いてもらえていませんね。

 

ただ、今年の夏の合宿では、ある程度走りこむことが出来たのでは?という情報も聞かれます。

実際に、2022年出雲駅伝前日の10月9日に発表されたメンバーの中で、「6区:鈴木芽吹」との名前が入っていました!

昨年から怪我に泣かされてきた鈴木芽吹選手が、しっかりと怪我を完治させて、今回の出雲駅伝で久しぶりに本来の走りが出来るように、全力で応援したいと思います!

鈴木芽吹/出雲駅伝2022の結果!

2022年10月10日、今年も出雲駅伝が開催されました!

そして、怪我からの回復がどの程度なのか、心配されていた鈴木芽吹選手は、最終区の6区を力走!!!

最後まで安定した走りを見せて、区間賞!

駒澤大学としても、大会新記録で優勝という素晴らしい結果で幕を閉じました!

鈴木芽吹のプロフィール

鈴木芽吹選手が通っていた熱海市立泉中学校には陸上部がなかったので、ソフトテニス部に入っていたそうです!

しかし、特別に足が速かったことには、学校の先生も気付いておられたのでしょう、ジュニアオリンピックに学校代表として出場!

3000mで静岡県1位、全国都道府県対抗駅伝では、途中4人抜きという大活躍!

その結果、陸上部経験者ではないにも関わらず、駅伝の強豪校である佐久長聖高校(長野県)に進学!

氏名 鈴木 芽吹(すずき めぶき)
生年月日 2001年6月3日生まれ
年齢 21歳(2022年10月現在)
学年 大学3年生
出身地 静岡県熱海市
身長 174cm
体重 58kg
出身中学 熱海市立泉中学校
出身高校 私立 佐久長聖(さくちょうせい)高等学校

佐久長聖高校時代は、3年連続で全国高校駅伝に出場!

1年生の時に6区で区間賞を取り、佐久長聖高校2回目の総合優勝に貢献されました。

2年生では、5区で区間4位、3年生では、1区で区間7位。

3年生ではキャプテンもつとめました。

まとめ

今回は『鈴木芽吹(めぶき)は怪我(故障)の影響は無い?現在は完治で調子は上向き?』というタイトルで、駒澤大学陸上部の鈴木芽吹選手について、ご紹介しました。

2021年度は、夏に怪我(故障)してしまったことで、出雲駅伝・全日本大学駅伝に出場できず、さらにようやく出場出来た箱根駅伝でも、怪我をぶり返してしまい失速。

本来の走りが全く出来ない、辛いシーズンとなってしまいました。

2022年度に入っても、あまり良くない状態との情報がありましたが、ここへきて、しっかり出雲駅伝メンバーに選ばれ、しかも最終区の6区を力走!!!

最後まで安定した走りを見せて、区間賞!

駒澤大学としても、大会新記録で優勝という素晴らしい結果で幕を閉じました!

もうケガについては完治したと思って良さそうですね!

11月の全国大学駅伝、そして2023年1月の箱根駅伝でも活躍も、現実味を帯びてきました!

駒澤大学としても、今シーズンは記録&記憶に残るシーズンになりそうな予感でいっぱいです!

鈴木芽吹選手と、駒澤大学の大きな躍進を期待しています!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

田澤廉はなぜ駒澤大学を選んだ?理由は大八木監督と中村匠吾と「駅伝」!
陸上の長距離選手である田澤廉(たざわれん)選手は、2022年7月15日からアメリカ・オレゴンで開催される『世界陸上2022』で男子10000mに出場されます! 田澤廉選手といえば、現在駒澤大学の4年生で、陸上部に所属。 1年生の...
佐藤圭汰の中学・高校時代は?高校日本記録×3で駅伝強豪の駒澤大学へ進学!
佐藤圭汰選手は、2022年春に駅伝の強豪・駒澤大学に進学された陸上選手で「令和の怪物」と称されることもある大型ルーキーです。 今回は、そんな佐藤圭汰選手の中学・高校時代をご紹介! 佐藤圭汰選手は、高校時代に、1500m・3000...
佐藤圭汰の父親は陸上経験者!兄弟や家族構成と身長体重など基本情報も!
佐藤圭汰選手は、2022年春に京都・洛南高校から駒澤大学に進学された陸上選手で、今年大学に入学された陸上選手の中でも特に注目されている大型ルーキーです。 「令和の怪物」と称されることも! そんな佐藤圭汰選手の父親が、陸上経験者と...
スポンサーリンク
スポーツ
Aki-tomaをフォローする
トマト★ジャーナル

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました