竪山隼太の舞台感想と評価まとめ!出身や結婚の噂を徹底調査!

エンタメ
スポンサーリンク

子役から芸能活動を始めた経歴を持つ竪山隼太(たてやまはやた)!

高校生の頃に一時は芸能活動を休止していましたが、大学入学頃から舞台の世界で再デビュー!

2022年3月時点で31歳、今も主に舞台俳優として活躍中。

2022年7月から始まる舞台「ハリーポッターと呪いの子」では、ハリーの親友であるロン・ウィーズリ―役を務めることが決まっています。

そんな竪山隼太の舞台の感想や評価と、出身や結婚の噂についても調査してみます!

▽この記事でわかること▽
◆竪山隼太の舞台の感想や評価
◆竪山隼太の出身は?芸歴・学歴を調査!
◆竪山隼太の結婚の噂は?

 

スポンサーリンク

竪山隼太の舞台の感想や評価

竪山隼太さんの舞台の評価に関しては、まず言えることは「蜷川幸雄に認められていた」ということでしょう!

竪山隼太さんは、もともと大阪放送児童劇団に所属されていて、子役としてデビューされています。

中学卒業を機に、一度芸能活動を休止。

高校時代は、芸能活動から離れて普通の?高校生活を送っていたようです。

大学に進学した2009年、劇団「さいたまネクスト・シアター」の旗揚げ公演「真田風雲録」で芸能活動を再開!

こちらの劇団は、伝説の演出家・蜷川幸雄氏が率いていた演劇集団。

蜷川幸雄さんのもとで、舞台俳優としての新たな一歩を踏み出されたのですね!

蜷川幸雄氏の傘下でお芝居をされてきた=蜷川幸雄氏に評価された俳優と言えるでしょう。

Twitterでも、竪山隼太さんの評価は高く、ファンが多いのも納得です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

竪山隼太(@hayata_tateyama)がシェアした投稿

竪山隼太の舞台感想口コミ

↓こちらは、「リチャード二世」に対する感想のTwitter書き込みです。

↓こちらは女優でありファッションモデルの岩井七世さんの書き込みです。

「個人的にはMVPあげたい」「努力家」と書かれていますね!

↓こちらは「NINAGAWA・マクベス」の感想!

NINAGAWA作品に出続けるって、相当の実力者ってことですよね!

↓こちらでは「白眉(はくび)」=特別にまさっている人、と表現されていますね!

↓こちらでは「安定感があってとても良かった」とのこと。

19歳で本格的に舞台に出るようになり、この書き込み投稿時の2021年12月時点で約12年のキャリア!

しっかりと「安定感」のある役者さんになられましたね!

竪山隼太の主な出演作品

※出演されているのは、ほとんどが蜷川幸雄演出作品です。

2009年 「真田風雲録」 猿飛佐助役
2010年 「ガラスの仮面~2人のヘレン~」 ヒースクリフ役
2012年 「2012年蒼白の少年・少女たちによるハムレット」 ギルデンスターン役
2012年 「THE FACTORY ロング・グットバイ」 ビル役
2012年 騒音歌舞伎「ボクの四谷怪談」 奥田庄三郎役
2013年 「2013年蒼白の少年・少女たちによるオイディプス王」 コロス役
2013年 「ヴェニスの商人」 バルサザー役
2015年・2016年 「リチャード二世」 ヘンリー・ボリングブルック役
2017年・2018年 「NINAGAWAマクベス」 マルカム役
2019年 「ヘンリー五世」 ベッドフォード役
2019年 「ハムレット」 ホレイシオ役
2021年 「ガラスの動物園」 ジム・オコナー役
2022年(予定) 「ハリーポッターと呪いの子」 ロン・ウィーズリー役

今回ご紹介したのは、出演作品のうちの一部にすぎません。

2009年以降、コンスタントに演目に出演されていますし、海外公演にも参加されています。

2022年7月から始まる舞台「ハリーポッターと呪いの子」にも、ハリーの親友であるロン・ウィーズリー役として出演予定で、多くの期待が寄せられています!

竪山隼太の出身は?芸歴・学歴を調査!

竪山隼太さんは、大阪出身。

小学校時代から劇団に所属し、子役として活躍されます。

劇団での芸歴と、学歴について調査してみます!

大阪放送児童劇団での子役時代

竪山隼太さんは、子供時代に大阪放送児童劇団に所属されていて、子役としてデビューされています。

こちらの劇団は「小学1年生から中学生まで」が在団資格で「卒団した」という記録があることから、中学卒業まではここに所属されていたようです。

デビュー作は、劇団四季「ライオンキング」(2000年~2001年)で、子供時代のシンバ役でした。

有名な劇団四季の人気演目でもある「ライオンキング」に出演していたのですね!

そして、竪山隼太さんの名前が広く知られるようになったのは、NHK教育の「天才てれびくんワイド」(通称:天てれ)にてれび戦士として出演されていたからですよね!

出演されていた期間は、2001年~2002年です。

竪山隼太さんは、1990年5月7日生まれですので、11歳の頃、つまり小学校5年生!

堅山隼太の小・中・高・大!

竪山隼太さんの通っていた小学校・中学校については、確かな情報を見つけることが出来ませんでした。

先ほどご紹介した通り、小学・中学生時代は、大阪放送児童劇団に所属されていていました。

ですから、学校帰りに劇団に行ったり、土日や夏休みなどの長い休み期間も忙しくされていたのでしょうね。

高校は、同志社香里高等学校で、卒業後は同志社大学社会学部教育文化学科に進学・卒業されています。

同志社香里高等学校は、大阪府寝屋川市にある私立高校で、最近ではダンス部が全国大会で活躍されているのが記憶に新しいですね。

そして、同志社大学は新島襄が創立した、京都にある私立大学です。

社会学部は、京都市上京区にある「今出川キャンパス」にあります。

先ほど、中学については情報を見つけられなかったと書きましたが、もしかしたら、同志社香里中学に通われていた可能性があります。

同志社香里高等学校は、1学年が約250人なのですが、そのうちの約200人は同志社香里中学から内部進学してきた生徒です。

つまり、高校から新規で入る生徒は50~60名程度しかいません。

ですから、竪山隼太さんが中学受験をして、同志社香里中学に通っていた可能性が高いのではと考えました。

中学受験だったとしても、または50~60人という狭き門を突破して高校から入学したのだとしても、いずれにせよ竪山隼太さんは頭が良い!ということが分かります!!!

ちなみに、同志社香里中学校の偏差値は52-57!

同志社香里高等学校の偏差値は66!!

そして同志社大学社会学部の偏差値は69-73!!!

小学校時代から劇団での活動をされていたわけですから、その活動プラス中学受験対策をしていたとしたら、相当なスーパー小学生ですね!

そして、同じく、劇団に所属しながら高校受験対策をしていたとしたら、これまた相当なスーパー中学生だと思います!

舞台俳優と学業を両立!

2009年に、蜷川幸雄氏が率いる劇団「さいたまネクスト・シアター」に参加することで、芸能活動を再開された竪山隼太さん。

その後も、さきほどご紹介した通り、毎年のように新しい作品に出演されていますが、浪人・留年などしていなければ、2009年4月に大学入学・2013年3月に卒業のはず。

大学在学中にも、多くの作品に出演されていたことが分かりますね。

ということは、舞台のお仕事と学業の両立は、相当大変だったのでは?

しっかりと大学も卒業されていますので、本当に「努力家」(by岩井七世氏)なのでしょうね!

竪山隼太の結婚の噂は?

竪山隼太さんは、2022年3月時点で31歳!

彼女や結婚の噂があっても、なんら不思議ではない素敵な青年です!

しかし、私が調べたところ、女性関係の噂や記事が出たことは無い?

私が見つけられなかっただけでしょうか?

または、竪山隼太さんが、上手にカモフラージュしながら、どなたか素敵な方と堅実に愛を育んでいらっしゃるのかも?

近い将来、素敵な熱愛報道が発表されるのを楽しみにしています!

竪山隼太のプロフィール

氏名:竪山隼太

生年月日:1990年5月7日

年齢:31歳(2022年3月時点)

出身地:大阪府

身長:181cm

所属劇団:大阪放送児童劇団(~中学卒業)
さいたまネクスト・シアター(大学進学前後~)

所属事務所:スタッフ・プラス(2013年~)

まとめ

こちらの記事では、舞台俳優・竪山隼太さんについてお伝えしました。

中学卒業を機に所属していた劇団も卒団し、一時は芸能活動を休止されていました。

しかし、大学進学前後から活動を再開!

蜷川幸雄氏のもとで舞台俳優としてのキャリアを再スタートされました。

竪山隼太さんの舞台俳優としての評価は高く、多くの賞賛の声が寄せられていることもご紹介しました。

また、出身や子供時代の芸歴と学歴についても調べてみました。

竪山隼太さんは、2022年7月からの舞台「ハリーポッターと呪いの子」で、主人公ハリーポッターの親友であるロン・ウィーズリー役を担当されることが決まっています。

今回は、エハラマサヒロさんとダブルキャストの予定です。

世界的にも大注目の舞台ですし、期待が高まりますね!

竪山隼太さんのご活躍に、これからも注目していきたいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました