永長鷹虎の中学はどこで高校は興国高校!兄弟・両親など家族構成も

スポーツ
スポンサーリンク

2022年シーズンより、川崎フロンターレに入団された永長鷹虎(えいなが たかとら)選手!

大阪のサッカー強豪校である興国高校から入団した、高卒ルーキーとして注目されています。

では、中学時代はどこの学校だったのか、どんな選手だったのか気になります!

兄弟や両親など家族構成についても調べてみました。

「鷹虎」という名前の由来は?

【この記事でわかること】
■永長鷹虎選手の中学時代(リガールFC)
■永長鷹虎選手の高校時代(興国高校)
■永長鷹虎選手のご両親について
■永長鷹虎選手のご兄弟について
■永長鷹虎選手のプロフィール

スポンサーリンク

永長鷹虎選手の中学時代(リガールFC)

2022年春に高校を卒業後、川崎フロンターレに入団される永長鷹虎選手!

そんな永長鷹虎選手の中学時代から、リサーチを始めたいと思います!


通っていた中学校は、神戸市立本庄中学校。

ですが、学校のサッカー部に所属していたのではなく、リガールFC(LEGAR Football Club)というサッカースクールでサッカー技術を磨いていました。

ちなみに、小学校は神戸市立東灘小学校で、サッカーをはじめたのは3歳とのこと!

小さい時から、ボール遊びが好きだったのが、サッカーを始めるきっかけだったそうです。

さらに、のちほどご紹介しますが、お兄さんたちもサッカーをされていたとのことなので、その影響も大いにあるでしょう。

永長鷹虎選手が通っていたサッカースクールリガールFCは、大阪に熊取校・堺校の2か所、さらに和歌山に1か所あり、永長鷹虎選手は神戸出身なので、地理的に考えると堺校が一番近いでしょうか。

永長鷹虎選手は、リガールFCジュニアユース1期生とのこと!

スクールとしても「リガールOBがプロ選手に!」と喜んでおられることでしょう。
通っている子供たちにも、大きな励みになりますね。

リガールFCの情報はこちらから!!!

永長鷹虎選手の高校時代(興国高校)

永長鷹虎選手が通っていた小学校・中学校の場所から考えると、ご自宅は阪神電車の深江駅近く。

そして、通っていた興国高校の最寄り駅は、大阪環状線の寺田町駅。

電車だけで1時間くらいかかる距離で、近いとは言えません。

朝練もあるでしょうし、帰りもかなり遅くなってしまうでしょう。

それでも、興国高校を進路先に選んだのには、どうしてでしょうか?

実は、永長鷹虎選手が通っていた興国高校のサッカー部は、この10年ほどで大変注目を集めています。

というのも、この10年で24人ものJリーガーが誕生しているからです。

一番有名な選手と言えば、日本代表にも選ばれた古橋亨梧選手でしょう。

現在、セルティックFCで活躍されていますね。

横浜Fマリノスには昨年4名も入団、そして今年は永長選手が川崎フロンターレへ。

これだけJリーガーを生んでいる興国高校のサッカー部には、大きな特徴があると言われています。

2006年からサッカー部監督を務めている内野智章監督は、サッカー強豪校がひしめく大阪でどうやって結果を出せばいいのか考えて「誰もやっていないやり方をしよう」と欧州の指導法などを研究。

チームで勝つということよりも、個人技を鍛える、そしてプロになる選手を育てる、というような指導法を取っているといいます。

内野智章監督は、インタビューで以下のようにコメントされています。

「ウチの選手たちに『全国に出ることと、プロになること。選べるならどちらがいい?』と聞くと、大半がプロと答えます。

日本の部活動だと、甲子園や選手権に代表されるように『勝利至上主義』が浸透していますが、私はそこに疑問を持っているんです。

もちろん勝つにこしたことはないですが、勝った先に何があるのか。

引用元:Yahooニュース

永長選手は、3歳からサッカーを始めて、小学生の時にはプロ選手になりたいと思っていたそうです。

ですから、小学生時代はもちろん、中学生だったリガールFC時代にも、一生懸命にサッカーに取り組んでいたと思いますが、実は世代別の代表等に選抜された経験はありません。

それでもプロになりたい!と強く思っていたからこそ、高校を選ぶときに「興国高校」を選んだと思います。

実際に、永長選手が興国高校に在籍した3年間の、全国高校サッカー選手権大会の成績は以下の通り。

高校1年生:第98回大会(2019年度)
*大阪代表校として出場
*2回戦で埼玉県代表昌平高校に敗退
*永長選手は控え選手に含まれず
高校2年生:第99回大会(2020年度)
*大阪予選準々決勝で大阪桐蔭に敗退
高校3年生:第100回大会(2021年度)
*大阪予選準々決勝で大阪産大付3-3ののちPKで敗退

つまり、永長選手としては、一度も選手権に出ることは出来ませんでした!

もちろん、高校サッカーは「選手権に出るか出ないか」が全てではありません。

そして、過去にも、選手権未経験者でJリーガーになった選手はたくさんいます。

同じ川崎フロンターレの選手では、橘田健人選手もそんな経歴を持つ1人ですね。

橘田選手の場合は、大学に行ってからフロンターレ入団でしたが、高校時代はそこまで有名な選手ではありませんでした。

永長鷹虎選手の場合は、興国高校で自分の特徴を生かしたサッカーを極め、「個の能力をアップ」することを続けた結果、Jリーグのスカウトマンの目に止まり、結果的に川崎フロンターレ入団へとつながったのでしょう!

今後も、興国高校サッカー部には注目していきたいですね。

永長鷹虎選手の両親について

永長鷹虎のお父さんは、永長徹さんと言って、大学時代には関西大学ラグビー部に所属するラガーマンでした。

高校は、関西学院高等部なので、高校時代からラグビーをやっていたのかと思いましたが、高校までは野球をやっていたそうです。

とにかく親子そろって運動神経は良さそうですね。

しかも、このお父さんのすごいところは、今でもラグビーを続けていること!

「芦屋楽惑ラグビークラブ」というチームに所属されていて、すでに60代のようですが、今でもラグビーを楽しんでいるとのこと。

息子さんに、ラグビーをやって欲しかったのでは?というインタビューに、

以下のようにコメントされています。

「ラグビーはキツイ怪我が多いんでね。

サッカーは骨折で済みますけど、首をやってしまうと怖いんでね。

僕も高校までは野球をやっていて、大学でラグビーをはじめて。

もう筋肉が付いた状態ではじめたので。

だから僕的にはラグビーをして欲しかったけど、反面首の筋肉が出来ていないのにラグビーをやっても怪我が怖かったんですよね。

まあ好きなサッカーで良かったかなと思います。

でも4人おるんで一人ぐらいはラグビーをして欲しかったですよね(笑)。

全部サッカーですよ(笑)」

引用元:Yahooニュース

ご自身が好きで、今も続けているラグビーを、4人いる息子のうちの一人でもやってくれたらなと言いつつ、怪我が怖いからと父親としての気持ちも正直に話されています。

競技は違いますが、スポーツが大好きという血筋は、息子さん全員にしっかりと受け継がれているようです。

さらに、「鷹虎」というインパクトの強いお名前を付けたのは、お父さんとのこと。

「鷹虎」という名前を付けた理由を調べたところ、見つけた理由は2つ!

①お父さんが上杉謙信が好きで、上杉謙信の幼名の景虎(かげとら)から「虎」を付けた名前にしたかった。

②永長選手が生まれた2003年にセ・パ両リーグで優勝を果たしたのが「ホークス(鷹)」「タイガース(虎)」だったから。

なんとも、ユニークなお父さんですね!

でも、情報の裏を取ろうと、2003年のセパ優勝チームを調べたところ、確かに「鷹」と「虎」が優勝していました!

でも・・・永長選手が生まれたのは2003年4月!

野球のシーズン優勝がわかるのは秋ですよね?!

というわけで、2つ目の理由については誰かが流したニセ情報の可能性が高いです!

または、お父さんはこの2チームが優勝されることを予想されていたとか(笑)?!

阪神タイガースといえば大阪のイメージが強いかもしれませんが、球場があるのは兵庫県西宮市。

神戸の方ですから、当然「虎」好きなのだと思います!

 

お母さんについての情報については、残念ながら見つけることが出来ませんでした。

しかし、4人の男の子を育て、しかもみなさんサッカーをやっていたということですから、元気いっぱいの明るいお母さんなのではないでしょうか。

もしかしたら、お母さんご自身も、何かスポーツをされていたかもしれませんね。

 

永長高虎選手の兄弟について

先ほどの、お父さんのインタビュー記事の中に出てきましたが、永長選手にはお兄さんが3人います!

4人男ばかりの兄弟の末っ子さんです!

しかも、全員サッカーをやっていたと言いますから、4人が育ち盛りの頃は、お母さんは本当に大変だっただろうなと思います!

ご兄弟の歳の差などもわからないのですが、お父さんが60代とのことですから、長男さんは、もう30代かもしれませんね。

先ほど、「鷹虎」の名前の件で触れましたが、お父さんは上杉謙信が好きということで、全ての子供の名前に「虎」を付けたかったそうですが、奥様に反対されたのでしょう。

長男、次男は「普通の名前」だそうです。

そして「3人目からは、好きに付けさせてくれ」とお願いしたそうですから、三男さんも「虎」が付くのでしょうね。

「何虎」なのか気になるところですが、今は情報を見つけられませんでした。

ちなみに「鷹虎」選手は、家族からは「たか」と呼ばれているそうです。

また「尊敬する人」という問いに「兄」と答えています。

3人いるうちのどのお兄さんのことを指すのか、または3人のお兄さん全員を指すのか、そこはわからないですが、兄弟で仲がいいんだろうなと思える答えだなと思いました。

永長鷹虎選手のプロフィール

永長鷹虎選手のプロフィールをご紹介します。

氏名 永長鷹虎(えいなが たかとら)
生年月日 2003年4月7日
年齢 19歳(2022年5月現在)
出身地  兵庫県
身長/体重 168m/60kg
視力 1.0
足のサイズ 26.0cm
特技 ゲーム
自慢 木登り
好きな芸能人 中条あやみ
好きな食べ物 オムライス
好きなお菓子 たまごボーロ
好きな映画 ジブリ作品
好きな漫画 ONE PIECE

2022年1月に行われた川崎フロンターレの新体制発表会の新加入選手紹介で、永長選手の「たまごボーロ」発言はいい感じで笑いを取っていましたね!

まとめ

こちらの記事では、

■永長鷹虎選手の中学時代(リガールFC)
■永長鷹虎選手の高校時代(興国高校)
■永長鷹虎選手のご両親について
■永長鷹虎選手のご兄弟について
■永長鷹虎選手のプロフィール

以上について、お伝えしました!

いかがだったでしょうか?

2022年Jリーグも無事に開幕し、すでに他のチームメイトと仲良く過ごしている永長鷹虎選手の様子が伝わってきています。

はやくチームに馴染んで、素晴らしい先輩方がたくさんいる川崎フロンターレという新しい環境で、さらにグングンと成長していって欲しいです。

これからの永長鷹虎選手の活躍を期待しています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました