兵藤ジュダが体育会TVでマスクマンと対決!中高時代を徹底調査!戦績も!

スポーツ
スポンサーリンク

2022年春に大学に進学したアスリートのうち、大学陸上界で最も注目されている方の一人が兵藤ジュダ選手です。

兵藤ジュダ選手が本格的に陸上競技を始めたのは、小学4年生の時。

そんな彼は、中学生の頃にはすでに頭角を現し、「炎の体育会TV」のマスクマン対決に出演したことも!

今回は、「体育会TV」に出演された時のエピソードをはじめ、兵藤ジュダ選手の中・高時代を深堀りしていきます!

▽この記事でわかること▽
■兵藤ジュダは体育会TVでマスクマンと対決していた!
■兵藤ジュダの中学時代
■兵藤ジュダの高校時代
兵藤ジュダの出身はどこでハーフ?身長体重や家族構成などを徹底調査!
兵藤ジュダ選手は、2022年の春に東海大学に入学された大学陸上界の注目ルーキーです! 「ジュダ」という名前からも、ハーフなのかな?と想像しますが、実際はどうなのでしょうか? 出身や、本当にハーフなのかどうか、気になりますよね。 ...
スポンサーリンク

兵藤ジュダは体育会TVでマスクマンと対決していた!

兵藤ジュダ選手は、中学3年生の時にTBSテレビの人気バラエティー番組「炎の体育会TV」の「マスクマン対決」のコーナーに出演されています。

兵藤ジュダ選手が出演した「マスクマン対決」は、2019年3月16日に放送されました。

こちらの企画は、アスリートの皆さんが「マスクマン」となり、素性を隠した状態で、同じ競技に取り組んでいるジュニア選手と対決し、対決の後にマスクをはずし正体をばらすというものです。

この日の対決内容は700m走。

マスクマンに扮していたのは、住友電工陸上部の田村和希選手でした。

【田村和希選手について】
田村和希選手は、山口県出身の陸上競技選手。
高校時代は山口県立西京高等学校で全国高校駅伝に3年連続出場!
青山学院大学に進学すると、1年目から箱根駅伝デビュー!
しかも、4区を区間新記録で走り区間賞!
その後も、大学在学中に何度も3大駅伝で結果を残し、卒業後は住友電工陸上部でも活躍されているトップアスリートです。
この日、マスクマンに扮した田村和希選手と対決したジュニアランナーは3人で、兵藤ジュダ選手は3番手で登場!
当時の兵藤ジュダ選手は、中学3年生。
この番組が収録・放送されたのは3月ですので、中学卒業の直前ですね。
この頃の兵藤ジュダ選手は、静岡県No.1中学生と呼ばれる実力者で、以下のTwitterによるとテレビ画面上に「50m5秒台中学生」「ハンデ10m」の文字があります↓↓↓

ハンデを10m与えられた中での700m走。

でも、結果は「たむかず(田村和希)さんの三連勝」でした!

田村選手、さすがです!

対決が終わった後、将来行きたい大学を尋ねられた兵藤ジュダ選手が「東海大学か東洋大学」と答え、青山学院大学OBである田村和希選手ががっかりした、というオチがついたそうです。
でも、実際に希望通り東海大学に進学した兵藤ジュダ選手、夢が叶いましたね!

この頃から、すでに有名中学生だった兵藤ジュダ選手ですが、あの時の対決を、田村和希選手は覚えていてくださっているでしょうか?

あれから、約3年。

兵藤ジュダ選手と田村和希選手の再会の機会があるといいですね!

兵藤ジュダの中学時代

兵藤ジュダ選手は、静岡市立飯田中学校に通っていました。

しかし、学校の陸上部には入っていなかったようです。

兵藤ジュダ選手は、小学校4年生の時に、地元の陸上クラブである『精華清水ランニングクラブ』に加入され、そこで陸上競技を始めました。

そして、中学になっても、そこで陸上を続けました。

先ほどご紹介した「炎の体育会TV」に出演した時も、応援していた皆さんは「精華清水RC」の横断幕を掲げていました。

「精華清水RC」の公式ホームページでは、「炎の体育会TV」収録の時の様子が紹介されています!
こちらの記事で、兵藤ジュダ選手が陸上を始めた頃のエピソードを書いています。
ぜひ、ご一読ください!https://tomato-journal.com/jyuda-family/

兵藤ジュダ選手の、中学時代の主な戦績をまとめてみました。

兵藤ジュダ選手が中学に入学されたのは2016年4月で、卒業されたのは2019年3月です。

2016年7月 静岡県中学通信陸上大会 1500m 2位(自己新)
    8月 静岡ジュニア陸上クラブ選手権大会 1500m 4位
静岡ジュニア陸上クラブ選手権大会
4×100mリレー
4位
2017年6月 全国定通制陸上競技大会
静岡県予選 4×100mリレー
優勝
   12月 静岡市町対抗駅伝 清水区代表 中学生区間(7区)
2018年7月 静岡県大会 男子800m 優勝
全国大会へ
静岡県大会 男子1500m 優勝
東海大会へ
2019年2月 清水駅伝 中学生男子チーム 優勝(大会新)

兵藤ジュダ選手は、中学2年生の夏頃(6~7月頃のようです)レース中に転倒し、骨折するという経験をされています。

幸い、10月頃から練習にも参加できるようになったそうです。

やっぱり、怪我は怖いですね。

兵藤ジュダの高校時代

兵藤ジュダ選手は、中学を卒業後、地元・静岡市内にある東海大学付属静岡翔洋高等学校に進学します。

兵藤ジュダ選手は、こちらの高校の「陸上競技部 長距離駅伝」に入部、高校3年生では主将にも選ばれています。

こちらの部活では、部員用の寮があるとのこと。

実家が地元にある兵藤ジュダ選手も、他の部員と一緒に寮生活をされていたようです。

兵藤ジュダ/高校時代の主な戦績

兵藤ジュダ選手の高校時代の主な戦績をご紹介します。

兵藤ジュダ選手は、2019年4月に高校に入学され、2022年3月に卒業されています。

2019年 静岡県高校駅伝 7区(区間賞)
2020年 静岡市民駅伝 5区(6位)/総合19位
2020年 全国高校駅伝静岡大会 1区(13位)/総合6位
2021年5月 静岡県高校総体 男子800m 優勝
          1500m 優勝(大会新)
2021年6月 東海高校総体  男子800m 優勝(大会新)
          1500m 優勝
2021年6月 U20日本選手権 男子1500m
(大学生も参加!)
優勝
2021年7月 全国高校総体  男子800m 優勝(大会新)
          1500m 2位
2021年11月 静岡県高校駅伝 1区(区間賞)/総合2位
2021年11月 東海地区高校駅伝 1区(9位)/総合5位

兵藤ジュダ選手の高校時代の自己ベスト記録は以下の通り

800m 1分48秒26 高校全国1位
1500m 3分41秒86 高校全国2位
5000m 13分54秒70 静岡県1位

東海大静岡翔洋高校/駅伝部について

東海大静岡翔洋高校の公式ホームページから、部活動の紹介ページを見ると「陸上競技部」「陸上競技部長距離・駅伝」(通称:駅伝部)と2つの「陸上部」があります。

こちらの高校の「陸上競技部」は長い歴史を誇り、毎年全国大会にも出場。

出場するだけでなく、実際に好成績を残し続けている部活動です。

ここ数年の戦績を見ると、その中には「兵藤ジュダ」の名前も何度も出てきます!

しかし、兵藤ジュダ選手は、基本的には駅伝部に所属していたようです。

こちらの駅伝部は、2018年度から新たに創設された部です。

兵藤ジュダ選手が、この高校に入学したのは2019年春なので、当時は駅伝部が創設されてまだ2年目だったことになります。

2018年度から、新しいスタッフ(監督・コーチ・トレーナー・アドバイザー)のもと、新生東海大静岡翔洋高校長距離・駅伝をスタートしました。

学校周辺に寮と専用トレーニングルームを準備し、朝練習から充実した練習を作っています。

都大路で走り、その後箱根駅伝や富士山駅伝で活躍できる選手を育てていきたいと思います。

引用元:東海大静岡翔洋高校公式ホームページ

こちらの部活紹介文にあるように、駅伝部は大学駅伝で活躍する選手を育てることに特化した部活」なのです。

これは、東海大学の陸上部が2019年に念願の箱根駅伝で初優勝を果たしたこともあり、東海大学の付属高校に対して、優れた陸上選手を育成するよう呼びかけたことからスタートしていて、つまり、「東海大学で活躍する選手を育てる」、それを目標に掲げている部活なのです。

付属校ならでは、ですよね。

そして、その期待に応えた兵藤ジュダ選手が、鳴り物入りで2022年春に東海大学に入学したというわけです。

ちなみに、兵藤ジュダ選手の1つ先輩の吉田響選手も、東海大学付属静岡翔洋高等学校から東海大学に進学され、1年生で箱根駅伝5区を走り、区間2位という成績を残されました!

となると、いよいよ始まる大学駅伝シーズンが楽しみですよね!

残念ながら、10月の出雲駅伝には、東海大学は出場しません。

ですが、11月に行われる全国大学駅伝には出場します!

兵藤ジュダ選手は、高校時代は800m・1500mでの活躍が主で、あまり長い距離は走っていないため、1年目の2022年度はまだ駅伝出場は叶わないかもしれませんが、今後の活躍が期待されている大型ルーキーであることは間違いないでしょう。

まずは、怪我をすることなく、駅伝出場選手の選考期間に、現在持てる実力をしっかり出し切って欲しいですね!

まとめ

今回は、2022年に東海大学に入学された陸上選手・兵藤ジュダ選手についてご紹介しました。

兵藤ジュダ選手は、中学生時代から陸上選手として注目されていて、中学3年生の時にTBSテレビの人気バラエティ番組「炎の体育会TV」に出場し、マスクマンに扮した田村和希選手と700m走対決をしていました!

中学時代は、学校の部活ではなく、地元・静岡の「精華清水RC」で陸上に取り組み、東海大学付属静岡翔洋高校に進学され、主に800mと1500mで輝かしい結果を残しています。

これからは、さらに距離を伸ばし、長距離ランナーとして活躍したいと話している兵藤ジュダ選手。

駅伝はもちろんですが、トラック競技でも活躍されるよう、これからも応援していこうと思います。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

兵藤ジュダの出身はどこでハーフ?身長体重や家族構成などを徹底調査!
兵藤ジュダ選手は、2022年の春に東海大学に入学された大学陸上界の注目ルーキーです! 「ジュダ」という名前からも、ハーフなのかな?と想像しますが、実際はどうなのでしょうか? 出身や、本当にハーフなのかどうか、気になりますよね。 ...
スポンサーリンク
スポーツ
Aki-tomaをフォローする
トマト★ジャーナル

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました