「夫婦の秘密」の原作は韓国ドラマではない!ネタバレや口コミも! | トマト★ジャーナル

「夫婦の秘密」の原作は韓国ドラマではない!ネタバレや口コミも!

エンタメ

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています★

スポンサーリンク

2024年1月4日から、BS-TBS木曜ドラマ23「夫婦の秘密」が始まりました!

毎週木曜日夜11:00~11:54という時間帯での放送ですが、第1話の見逃し配信の再生回数が1月15日付で100万回を突破!!!

スゴイですよね!

このドラマは、韓国ドラマが原作のリメイク?などと言われていますが、違います!

実は原作がなく、完全オリジナル脚本によるドラマなのです!

 

今回の記事では、ドラマ「夫婦の秘密」のネタバレ/あらすじと、口コミについてもご紹介していきます!

こちらのドラマは、第1話から最終話までNETFLIXでも観ることができます。
しかし、謎解きの要素が強いこちらのドラマは、1話ずつじっくり楽しんでこそ!!!
是非、毎週1話ずつでご満喫ください!
▽この記事でわかること▽
■「夫婦の秘密」の原作は韓国ドラマではない!
■「夫婦の秘密」ネタバレ/あらすじ
■「夫婦の秘密」口コミを調査!
スポンサーリンク

「夫婦の秘密」の原作は韓国ドラマではない!

BS-TBS木曜ドラマ23「夫婦の秘密」の原作は、韓国ドラマのリメイクなのでは?というウワサがありましたが、違うことが判明しました。

今回のドラマ「夫婦の秘密」の脚本は、武井彩(たけい あや)さんと蓼内健太(たてない けんた)さんが手掛けています。

お2人がタッグを組むのは、2022年に放送されたBS-TBSのドラマ「サワコ」以来、2度目です!

 

「夫婦の秘密」公式X(旧Twitter)はこちら!

脚本家:武井彩

脚本家である武井彩さんの経歴と代表作品についてご紹介しましょう。

武井彩さんの生年月日については、公表されていないようですが、東京出身だそうです。

■2000年 フジテレビヤングシナリオ大賞受賞
■フジテレビ「世にも奇妙な物語」(2002年/2003年/2009年/2018年)脚本
■テレ朝「Doctor-X~外科医・大門未知子~」(2013年第3話)脚本
■フジテレビ「家族の裏事情」(2013年第1/2/3/5/8話)
※2014年第2回市川森一脚本賞にノミネート
■フジテレビ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(2017年)脚本
■BS-TBS「サワコ」(2022年)
※蓼内健太さんも脚本で参加

脚本家:蓼内健太

同じく脚本家である蓼内健太さんの経歴と代表作品についてご紹介しましょう。

蓼内健太さんは、1978年生まれ。

2024年の誕生日で、46歳になる計算ですね。

カナダへ留学された経験があり、カナダの大学で映画について学ばれました。

2014年 フジテレビヤングシナリオ大賞 佳作
■フジテレビFOD「モンタージュ三億円事件奇譚特別編」(2016年)
■フジテレビFOD「ROAD TO EDEN」(2017年)
■読売テレビ「140字の恋」(2021年)
BS-TBS「サワコ」(2022年)
※武井彩さんも脚本で参加
■日テレ「大病院占拠」(2023年)

      

「韓国ドラマのリメイク」ウワサの理由

ドラマ「夫婦の秘密」が韓国ドラマのリメイクなのではというウワサが出た理由として考えられるのは、このドラマが韓国ドラマ「夫婦の世界」と混同されたからかもしれません。

韓国ドラマ「夫婦の世界」は、元々はイギリスのドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」のリメイクです。

韓国では「夫婦の世界」というタイトルでドラマが作られ、さらに日本でも夫婦が壊れる時」というタイトルですでにドラマ化されています。

日本でドラマ化された「夫婦が壊れる時」は、稲森いずみさんが主役をつとめられ大ヒットしましたね。

「夫婦が壊れるとき」では、TVer見逃し再生回数が2000万回突破!ということで、大きな話題になりましたね。

今回のドラマ「夫婦の秘密」も、このドラマ同様、大ヒットになる予感大です!!!

 

「夫婦の秘密」ネタバレ/あらすじ

ドラマ「夫婦の秘密」のネタバレ/あらすじをまとめていきます!

 

第1話「偽りの幸せ」

とある街で花屋「リリアス」を営む野山穂花(演/臼田あさ美)

年下のイケメン夫・野山雅道(演/豊田裕大)と一緒に、仲良くお店を切り盛りしています。

2人は、雅道が亡くなった知人に手向ける花を買いに来たことがきっかけで、知り合います。

 

お店では、カメラ好きの三枝朱音(演/桃月なしこ)がアルバイトをしています。

朱音は、お店の宣伝の為に写真に撮ってSNSに投稿しています。

しかし、アップしていいのは店内の様子や花の写真だけと制限されていて、穂花も雅道も、自分たちの写真は決して投稿しない主義。

朱音が、美男美女の穂花と雅道の写真を載せた方がお店の宣伝になると主張しても、却下されてしまいます。

なぜ2人が、自分たちの写真をSNSに投稿することを頑なに拒否するのか。

その理由は、2人の過去の秘密に原因があるようです。

 

ご近所にある喫茶店「カフェ ルルド」は、穂花の友人・植村翠(みどり・演/剛力彩芽)がオーナーで、その夫は単身パリで料理人として働いています。

ルルドで働くバリスタ・小野寺真白(ましろ・演/山下幸輝)は、こだわりのコーヒーを優雅に淹れつつ、穂花と翠の会話を意味深な表情で聞いています。

その様子から、真白が今後、何かしら重要な人物になっていくことが想像できます。

 

翠は、穂花ととても仲が良いようで、本当のところは別の顔を持っているようです。

住んでいるのは、整理整頓がされていないいわゆる「汚部屋」。

「リリアス」の店先に飾ってあるふくろうの置物を盗んだのは翠?

お店に出すお菓子を作りながら、意味深に薄ら笑いをしているのはなぜ?

 

さらに重要な人物だと予想されるのが、謎の少女・水無瀬蘭(演/大月美里果)

蘭は、この街に最近越してきたといい、リリアスに花束を買いに来ます。

後日、再び店を訪れた蘭は、お花の先生をしている母親が、先日の花束を気に入ったので、10万円分の花を家まで届けて欲しいと告げました。

蘭の自宅まで花を届けた雅道は、蘭の母親・水無瀬香子(演/宮本真希)と「謎の契約」を交わすことに。

 

ある日、何者かが穂花と雅道の2ショットをSNSに投稿。

穂花は、激しく動揺し、投稿者に削除要請するも相手にしてもらえません。

その投稿の後、何度もお店にかかってくる無言電話。

何度目かの無言電話の後、穂花が聞いたのは「ほのかちゃん・・・」という声。

その声を聞いた穂花は、パニックを起こし過呼吸のような状態に。

しかし、配達を終えて店に戻ってきた雅道には、そのことには触れず、平静を装う穂花。

穂花には、雅道にも言えない「過去の秘密」があるようです。

 

一方、両親と兄・姉、全員が医者という家庭で育った雅道。

雅道自身も医者になることを目指していたが叶わず、家を出たということまでは、穂花にも打ち明けています。

SNSに自分の写真が掲載されることで、家族に現在の居場所がバレてしまうのを恐れている雅道。

しかし、本当は他にも秘密がある様子。

しかも、もっともっと大きな秘密。

雅道の左肩にある大きな火傷のような傷はどうしてできたものなのか。

 

穂花と雅道の住む家に、親しげに出入りする雅道の友人・栗原蒼太(演/古川毅)

蒼太が密かに雅道を見つめる目にも、どんな意味があるのか。

 

スマホの画面に表示された「黒岩涼介(演/別府由来)」は誰?

 

そして、何度も繰り返し出てくる、死体に土をかけているように見える森の中の映像。

 

登場人物全員に、あやしい秘密の影を感じます。

 

そして、穂花に届いた1通の手紙。

「あなたの夫の秘密を秘密を知っています」

この手紙が意味するものは?

誰が出した手紙?

 

今後の展開に期待したい!!!

第2話「夫の不倫」

第2話の重要なキーワードは「指輪」そして「不倫」

結婚して1年になる穂花と雅道ですが、形式にはこだわらないということで、結婚指輪をしていません。

指輪については、お互いに納得した上での合意だったハズなのですが、「あなたの夫の秘密を秘密を知っています」の手紙を受け取ったことや、雅道の行動から不安を感じるようになっていく穂花。

夫・雅道は不倫をしているのか・・・

 

雅道が「配達先のお客さんに誘われて、絵画教室の体験に行くので帰りが遅くなる」と言った日に、穂花が朱音を夕食に誘うが断られてしまう。

 

リリアスの店内でも、雅道の朱音がコソコソと話している様子を見て、どこか胸中がもやっとしてしまう穂花。

朱音をリリアスのアルバイトにと連れてきたのが、雅道だったことも第2話で明かされます。

 

その日、雅道が向かったのは絵画教室ではありませんでした。

一緒に食事をしていた相手は、朱音ではなく蘭の母親・水無瀬香子。

食事の場でありながら、その2人のやり取りは、タダならぬ気配。

デーブルの下で絡めた脚。

テーブルの上で重ねた手と手。

そして、・・・私の言うことは何でも聞く・・・という謎の契約。

 

食事の後の予定を聞かれた雅道は、やんわり断り、水無瀬香子と別れます。

しかし、その後に待ち合わせていたのは、朱音でした。

雅道と朱音が街中で落ち合い、腕を組んで歩いていく様子を、カフェ ルルドの真白が目撃します。

真白は、自分が見たことを穂花に伝えます。

雅道の不倫の相手は、やはり朱音?

 

その夜は、自宅に翠と蒼太を招いて夕食を振舞った穂花。

食事中に、自分と結婚する前の雅道の女性の交友関係について、蒼太に質問してしまいます。

そんな穂花に「雅道に限って、不倫なんかしない」と断言する蒼太。

しかし、蒼太には雅道に関係する何か秘密があるようです。

 

パリで料理人をしている翠の夫が1年ぶりに帰国するということで、おめかしして出かける翠。

そんな翠に、花束をプレゼントした穂花。

笑顔で受け取ったその花束を抱えた翠がひとり歩いているのは、砂浜の波打ち際でした。

 

翠の頬をつたう涙。

翠は、穂花からもらった花束を海へ投げ捨てます。

翠は、夫に会えなかったのか。

夫は、予定変更で帰国しなかったのか。

翠は本当に結婚している?

翠の夫って、存在しているの?

そんなことまで疑ってしまいます。

翠が抱えている秘密は何?

 

穂花が、雅道に対して不倫を含めた疑惑で不安にかられている中で、雅道は仕事で外出予定があり、そのまま自宅へ帰宅すると告げる。

さらに、朱音は「写真の編集作業があるので、アルバイトを早退したい」とのこと。

やはり、雅道の不倫の相手は、朱音なの?

 

そんな不安にかられつつも、ひとり店に残っていつもより帰りが遅くなった穂花。

そんな穂花を自宅で待っていたのは、雅道と朱音と蒼太の3人でした。

クリスマス結婚1周年をお祝いするためのサプライズパーティーを準備していてくれたのです。

そして、そこでプレゼントされたのが、雅道がデザインしたという結婚指輪。

 

思いがけないサプライズに、涙する穂花。

変わらぬ愛を誓う雅道の言葉を聞いて、一連の不倫疑惑を含む穂花の不安は全て解消されたのでしょうか・・・

 

「指輪をしていることで、彼は私のものだと他の女にけん制することが出来る」と言う翠。

一方で、雅道に対して「結婚指輪をしているのを見て、逆に燃えるタイプもいる」と挑発するように言う朱音。

それにも関わらず、穂花には「結婚してるって分かったら、アプローチしてくる女なんていませんよ」という朱音。

 

穂花と雅道の指輪は、どのような結末を招くのでしょうか。

 

バリスタの真白は、いつも穂花が座るカフェ ルルドのカウンターに自分の頬を寄せる。

真白の目線は、穂花の笑顔と、そのくちびるに向けられている?

雅道と朱音の2ショットを目撃したことも、真白の心を乱す原因になっているようです。

真白の想い人は、穂花?

それとも、翠の可能性もある?

 

また、翠の秘密は、夫に関することだけではなさそうです。

更なる秘密とは、万引きを繰り返していること。

リリアスの店先にあった置物も、翠がこっそり持ち帰っていましたよね。

住んでいるお部屋の「汚部屋具合」といい。

翠の心の闇は、かなり深そうです。

 

電気の消えた真っ暗な室内で、激しく涙を流す水無瀬香子。

娘・蘭に「私のことを捨てないで」とすがる母・香子。

蘭は、そんな母親と抱き合い、くすりを用意する。

香子は、毒親?

こちらの闇も、かなり深そうです。

 

第2話最後のシーンは、水無瀬香子がリリアスに来店する場面。

これまでは、来店するのは毎回、娘の蘭でした。

初めて店内に入った水無瀬香子を、雅道は穂花に「フラワーアーティストの水無瀬先生」と紹介します。

しかし、水無瀬香子から出た言葉は「穂花さん、お久しぶり」。

過去に、2人の間にあったであろうエピソードを匂わすシーンが、穂花の頭の中でフラッシュバックしているかのように登場して、第2話が終わります。

 

第1話同様、ストーリーの途中で登場する闇に紛れて森の中で作業をする2人の謎の人物。

その他にも、過去の場面なのか、これから起こる未来のことなのか、後から伏線回収となるであろう場面が、散りばめられていました。

第3話が、ますます楽しみです!

第3話「過去からの復讐」

雅道が水無瀬香子を店に連れてきますが、穂香は大口契約をを断りました。

穂花は雅道に水無瀬香子との過去を過去には踏み込まない約束」だと明かさず、さらに雅道と香子の関係を疑い始めることで、2人の関係はギクシャクし始めてしまいます。

一方、翠は朱音に「翠さんの秘密を教えてほしい」と言われ、「パリにいる夫が浮気をしたから、殺して山に埋めちゃった」と告白します。

すぐに冗談だと言いますが、隣で聞いていたバイトの真白は、何か知っているかのような表情。

 

第1話から何度も登場している、山の奥で何かを埋めているような2つの人影については、今回もその謎は解けぬまま。

匂わせとしては、翠と真白が、翠の夫を埋めている?

いや、それでは、単純すぎないか?

誰が、何を埋めている???

 

 

「カフェ ルルド」で思いつめた様子の穂花は、コーヒーを飲みながら真白に尋ねます。

夫の秘密ってなんだろう、やっぱり浮気なのかな。

どうして男の人って浮気をするのかな。

 

すると、真白は女の人だって浮気はすると語りだします。

前に勤めていた店でお客さんと付き合ったことがあって
付き合った後で結婚していることがわかったがなかなか別れられなく、
彼女がストーカーになってしまったことがあったのだと。

過去を思い出しながら話をする真白の様子は、何か秘密を抱えているようです。

 

穂花は悩んだ末、怪しい手紙が届いたことを雅道に打ち明けます。

雅道も香子の娘、学校を休みがちな香子の娘・蘭の話し相手をしているだけだと告白。

それを聞いた穂花は、香子との過去を雅道に話し始めました。

穂花は香子の教え子で、ある日穂花は香子のパートナー・小西に襲われました。

しかし、その現場を見た香子は、穂花が誘惑したと一方的に思い込み、穂花に罪を着せて追い出しました。

そんな過去を聞いた雅道は、香子の元を訪れ「契約を全て破棄する」と伝えます。

 

香子は、穂花に恨みを持っていて、その復讐を果たすために2人に近付いた?

そして、穂花の夫である雅道を、穂花から奪い、同じ思いをさせようとしている?

 

仲直りした穂花と雅道は、新たな気持ちで新年を迎えます。

そして年が明けたある日、穂花の元に発送主が「本人」となっている宅配便が届きます。

心当たりがない中、穂花が箱を開けると、中にはクマのぬいぐるみが。

それを見た穂花は何かを思い出し恐怖に怯えるのでした。

 

第4話「破滅からの始まり」

穂花宛に宅配便で届いたクマのぬいぐるみ

そして店には無言電話。

穂花は逃げるように店を飛び出してしまいます。

 

その場に居合わせていた朱音は、カフェ『ルルド』で蒼太にぬいぐるみを見せながら、「穂花の過去」「穂花の秘密」について憶測を混ぜて話している。

そんな朱音に、バリスタの真白は

「皆それぞれ事情を抱えて生きている」

「本人がいないところで面白半分で詮索するのは違う」

と感情をあらわにします。

 

しかし朱音は、

「いきなり怒るからびっくりした」

「翠さんの旦那さんは本当にいるのかな 実は全部嘘だったりして」

と、想像にまかせてあれこれ口走り、懲りていない様子。

 

自宅で休んでいた穂花の元へ、母親が鍵をかけていなかったからと部屋に上がり込んできます。

そして穂花に「また一緒に暮らしましょうよ…」と。

しかし、そんな母親に「帰って欲しい」と拒絶する穂花。

しかし、母親は

「さとしの命日だからお経をあげたい」

と言い穂花からお金をもらい

「この男には気をつけなさい お互い男にはこりごりよね」

と帰っていくのでした。

 

真白は、穂香の様子を見に行く準備をしている翠に朱音のことを伝え「旦那さんのことを正直に言ったらどうか」と言います。

真白は翠の夫のことを知っているようですね。

 

母親が家にまで来たことに怯え、「家を出ていく 警察は何もしてくれない」 と言う穂花。

「俺が守る」 と抱きしめる雅道に
「迷惑かけてばかり 私といたら幸せになれない 私はまさみちくんにふさわしくない」と穂香は言います。

 

復讐のために穂香に近づいた水無瀬香子に
雅道は「妻が苦しめばあなたの苦しみはなくなりますか それより誰かと分かち合って少しでも減らさないか よろしければお手伝いします」と提案します

香子の怒りを抑えることで穂香を守るということなのでしょうか

 

バスケをしながら
「過去から逃げ回ってる女なんて面倒くさい」 という蒼太に雅道は「俺たちだってそうだろ 過去から逃げてるだろう」と言います。

その後の3人がバスケをするシーンで蒼太が「雅道」と自分へのパスを促した相手は、私たちが「雅道」と思っている人とは違う方の男性でした。

私たちが「黒岩涼介」と思っているあの人物が本物の「雅道」なのでしょうか・・

穂花は自分を匿ってくれた翠に自分の過去を話します。

 

心臓の病気の弟の看病に疲れておかしくなっていく母親。

父親も家を出ていき、弟が死んだ後は優しく戻るどころか弟への執着が向けられ虐待が始まり、中学卒業後家を飛び出したが 逃げても逃げても 見つかり連れ戻される
今回もやっと居場所ができたのに 見つかってしまった と

それを聞いた翠も
私も誰にも言えない秘密がある

孫はまだかと義理の両親の干渉から
子供ができないのは自分のせいだと責めるようになった
そんな時に
旦那がパリで不倫し相手のお腹に子供までできてしまう
帰国し離婚を迫る旦那に離婚はしたくない翠 話はまとまらず
パリに帰ろうとした旦那は途中で事故にあってそのまま・・と

その後家で寝たきりの旦那さんの姿が映し出されました

本当に「事故」だったのでしょうか・・

 

雅道の前に現れた朱音が雅道にキスをしたところを穂花が見てしまうところで終わりました

雅道と朱音の関係は?

これも穂花を守るためなのでしょうか?

 

 

 

「夫婦の秘密」口コミを調査!

SNS上にある「夫婦の秘密」の口コミを調査!

次週の放送が待ちきれない人が続出中!

第1話(1/4)放送後の口コミ

謎のバリスタ・小野寺真白さんに関するポストが多いですね!

第2話(1/11)放送後の口コミ

第3話(1/18)放送後の口コミ

第1話と同じでバリスタ・小野寺真白さんに関するポストが多かったです!

 

第4話(1/25)放送後の口コミ

まとめ

今回の記事では、2024年1月4日から放送が始まったBS-TBS木曜ドラマ23「夫婦の秘密」について、お届け!

毎週木曜日夜11:00~11:54という時間帯での放送ですが、第1話の見逃し配信の再生回数が1月15日付で100万回を突破!!!

この勢いのまま、大ヒット間違いない!!!

このドラマは、韓国ドラマが原作のリメイク?などと言われていますが、完全オリジナル脚本によるドラマです。

ネタバレやSNS上の口コミなどについても、最終話までお伝えしていきますので、お楽しみに!

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
エンタメ
Yuriをフォローする
トマト★ジャーナル

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました