赤坂おんがね「参鶏湯サムゲタン」はジェジュンもおススメ!お取り寄せも可能!

エンタメ
スポンサーリンク

赤坂駅から徒歩約3分の好立地にある韓国料理店『赤坂おんがね』。

お店の看板メニュー「参鶏湯(サムゲタン)」は、あのジェジュンもおススメ!

2022年7月2日フジテレビ系『Kinki Kidsのブンブブーン』にも登場し、改めて話題になっていますね。

ジェジュンさんは、以前よりプライベートでこのお店に通っているようですね。

番組では、KinKi Kidsのお二人や勝地涼さんも大絶賛されていました!

この『赤坂おんがね』の参鶏湯がお取り寄せ可能だってご存じでしたか?

今回はジェジュンおススメの『赤坂おんがね』の参鶏湯のリアルな評判や口コミを調査!

さらに、『赤坂おんがね』の参鶏湯の取り寄せ方法もご紹介します。

▽この記事でわかること▽
■『赤坂おんがね』の参鶏湯はジェジュンもおススメ!
■『赤坂おんがね』の参鶏湯のお取り寄せ方法
■『赤坂おんがね』店舗情報
スポンサーリンク

『赤坂おんがね』の参鶏湯はジェジュンもおススメ!

『赤坂おんがね』は、元々は『おんがねどんどんじゅ』という名前でしたが、リニューアルを機に店名を変更されたようです。

こちらのお店の看板メニューであり、一番人気メニューが参鶏湯(サムゲタン)!

ジェジュンのお気に入り!

2022年7月2日に放送されたフジテレビ系『Kinki Kidsのブンブブーン』で、ジェジュンさんが『赤坂おんがね』の参鶏湯を紹介してくれました!

韓国人であるジェジュンさん、そして普段から美味しいものをいっぱい食べているであろうジェジュンさんからのお勧めなら、絶対間違いなく美味しいんだろうな、と思いますよね?

SNSでの評判&口コミ

『赤坂おんがね』さんは、今までにも何度かテレビで取り上げられたり、また芸能人にも人気らしいです。

石橋貴明さんも行きつけにしているみたいですね。

『赤坂おんがね』の参鶏湯のお取り寄せ方法

『赤坂おんがね』の参鶏湯のお取り寄せ方法はこちら!

『赤坂おんがね』公式ホームページ内にある『お問い合わせフォーム』からのご注文になります。

お問い合わせフォーム

自宅で楽しむのはもちろん、お世話になっている方へのプレゼントとしても喜ばれると思います!

ちなみに、テイクアウトも行っているそうですが、事前に上記お問い合わせフォームまたは電話で予約をしておくとスムーズです!

※今回のテレビ出演で、売切れになる可能性もありますので、ご注意を!

★こちらは冷凍品です!
★送料は別途かかります。
★お値段は税込価格です。
★お中元・お歳暮等の対応もしてくれます!
★今年のお中元で利用を考えている人は、お急ぎください!

【取り扱い商品】 【値段】
濃厚とろとろサムゲタン 1袋(2~3人前) 3,850円
            2袋(4~6人前) 7,700円
※期間限定セール中
7,000円!
            3袋 (6~9人前) 11,500円
※期間限定セール中
10,000円!

『赤坂おんがね』店舗情報

『おんがねどんどんじゅ』という名前で、すでに30年以上の歴史がある老舗韓国料理店。

2022年7月1日にリニューアルオープンされました!

店名 赤坂おんがね
住所 東京都港区赤坂3-6-13 アニマート赤坂1F
アクセス 東京メトロ千代田線
赤坂駅 2番出口から徒歩約3分
東京メトロ銀座線・丸の内線
赤坂見附駅 エレベーター口から徒歩4分
東京メトロ銀座線・南北線
溜池山王駅 6番出口から徒歩5分
営業時間 【月~土・祝】17:00~24:00(L.O)
定休日 日曜日
電話番号 03-5549-2141
080-9157-3008
お問い合わせフォーム https://shop.ongane.net/pages/contact

お店の公式ホームページに、参鶏湯の紹介文が掲載されていますので、ご紹介します。

昔は韓国の王様しか食べられなかった王朝料理、それが”蔘鶏湯”です。

今でも、医食同源の思想が受け継がれているお隣韓国の食卓では大変親しまれている料理なのです。

若鶏の中に、朝鮮人参やなつめなど、漢方として使われている食物を詰め、滋味まろやかなスープで、時間をかけておいしく煮込んでおります。

女性の美容食や疲労・精力減退時の滋養食として有名な料理です。

引用元:赤坂おんがね

まとめ

今回は、赤坂にある老舗韓国料理店『赤坂おんがね』の参鶏湯(サムゲタン)についてご紹介しました。

あのジェジュンもおススメしてくれた、大人気の参鶏湯はお取り寄せが出来ることもわかりました!

急げは、今年のお中元にも間に合いそうですよ!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
エンタメ
Aki-tomaをフォローする
トマト★ジャーナル

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました