野田知佑には結婚した嫁や子供はいる?自宅住所は徳島で池が併設!

話題の人物
スポンサーリンク

1982年「日本の川を旅する」で第9回日本ノンフィクション賞・新人賞を受賞され、日本のカヌーイストの先駆者であり第一人者である野田知佑(のだ ともすけ)さんが2022年3月27日に亡くなられました。

享年84歳でした。

心からお悔やみ申し上げます。

野田知佑さんと言えば、1人で優雅にカヌーで川下りをされているイメージですが、ご家族はいらっしゃったのでしょうか?

ご結婚は?奥様は?子供は?

また、野田知佑さんにとって終の棲家となったご自宅は徳島にあり、カヌー遊びができる池が併設されていた!?

その辺りについて、調べていきたいと思います!

▽この記事でわかること▽
◆野田知佑には結婚した嫁や子供はいる?
◆野田知佑の自宅は徳島で池が併設!
◆野田知佑のプロフィール
スポンサーリンク

野田知佑には結婚した嫁や子供はいる?

野田知佑さんは結婚していた?

答えは「YES」です。

でも、離婚されています。

子供は、いらっしゃいません。

結婚されていたのは、かなり前のことで、離婚されてからは独身だったと思われます。

皆さんがよくご存じのカヌーイストとして活動されている野田知佑さんは、すでに離婚して独身になられた後だと思っていいと思います。

野田知佑さんが書かれた本の中に、特に初期の頃のエッセーには、ほんの少しだけですが結婚生活について書かれた箇所があります。

具体的な詳しいことは書かれていませんが、結婚生活はあまり長くなかったようです。

そして、離婚の理由についても、相手がどうのこうのではなく、自分が結婚生活に向いていなかった、というような書き方をされていたと記憶しています。

野田知佑の家族・ガクについて

カヌー犬・ガクは、野田知佑さんが昔飼っていた犬です。

離婚された後は、ガクをはじめとした犬たちが、野田知佑さんの家族だったと言えます。

日本で「カヌー犬」という呼び方をしたのは、野田知佑さんが最初だと思います。

ガクは、野田知佑さんが、千葉県の亀山湖の湖畔に住んでいた頃から飼っていた犬で、大きな雑種犬です。

いつも野田知佑さんのお供をして、カヤック(カヌー)に乗って旅をしていました。

野田知佑さんの著書の中には、ガクのことを取り上げている箇所がたくさんありますし、まさにガクのことを書いた「カヌー犬・ガク」という作品もあります。

ガクは、約14年間、野田知佑さんと一緒にカヌーに乗って多くの川を下り、1997年にフィラリアが原因で亡くなりました。

ガクとのこの世でのお別れの後に書かれた「さらば・ガク」。

日本中にいる多くのガクファンが、涙した作品でした。

今回の野田知佑さんの訃報に触れ、多くの方が「ガクと再会できてるかな」というようなコメントを書かれていますが、それだけ「野田知佑=ガク」のイメージが強いのだと思います。

さらに、野田知佑さんと親しい作家の椎名誠さんは、ガクを主人公(主人犬?)にした映画「ガクの冒険」を撮っています。

ガクは、こんなCMにも出演していましたね!

懐かしい映像が見つかりました!

↑↑↑こちらは、2021年4月にFacebook「野田知佑とカヌー犬たち」に投稿されたものです。

ガクの毛皮でベストを作っていたのですね!

野田知佑さんの中で、ガクという存在がどれだけ特別だったかが分かります。

1997年にガクが亡くなってからは、野田知佑さんのそばには、ガクの子供であるテツとタロウがいました。

さらに、最近ではボーダーコリー犬のアレックスとハナと暮らしていました。

しかし、そのアレックスも2019年9月に亡くなっています。

そして、一番最後の新参「犬」は、マルだと思います。

ガクをはじめとする犬たちは、野田知佑さんの家族だったと言えるでしょう。

野田知佑の自宅は徳島で池が併設!

野田知佑さんの自宅は、徳島県日和佐町(現在は美波町)にあります。

自宅には、通称「野田湖」と呼ばれている池(相当大きいようです!)があり、カヌー遊びも出来ます。

「野田湖」の湖畔では、複数のカヌーが収まる大きな艇庫もあり、キャンプも出来ます。

そのエリアは通称「野田キャンプ場」と呼ばれていて、近くには手長エビなどが獲れる支流もあります。

そんな野田知佑さんの理想郷のような徳島の自宅が、野田知佑さんにとって終の棲家となりました。

野田知佑さんは、四国を流れる日本屈指の清流・吉野川やその周辺の日和佐川・海部川などで、子どもたちに川遊びの楽しさや自然の大切さを伝える「川の学校」の校長としての活動をされていました。

「川の学校」で学んだ多くの子供たちが、たくましく育っていることでしょう!

川ガキ養成講座・川の学校のホームページはこちら!

野田知佑さんが、徳島県に移住されたのは2000年頃。

1990年頃から10年近く鹿児島に住んでおられて、その後だったと記憶しています。

ニュースによると、野田知佑さんは、低血糖性脳症のため徳島県内の病院で亡くなられたそうです。

野田知佑のプロフィール

野田知佑さんのプロフィールをご紹介します。

氏名 野田知佑(のだ ともすけ)
生年月日 1938年1月2日
享年 84歳
出身地 熊本県玉名郡和水町
職業 カヌーイスト、作家
学歴 早稲田大学第一文学部英文学科卒業
受賞歴 日本ノンフィクション賞
毎日スポーツ人賞

【お勧めの作品】

日本の川を旅する‐カヌー単独行(新潮文庫)
ユーコン漂流(文春文庫)
のんびり行こうぜーこぎおろしエッセイ(新潮文庫)
川を下って都会の中へ(新潮文庫)
カヌー犬・ガク(小学館文庫)
さらば、ガク(文春文庫)
ともにさすらいてあり カヌー犬・ガクの生涯(文春文庫)
北極海へ(文春文庫)
魚眼漫遊大雑記(新潮文庫)
ガリバーが行く(新潮文庫)
カヌーで来た男(新潮文庫)
小ブネ漕ぎしこの川(新潮文庫)

野田知佑さんは、日本の美しい川を残したいという思いで、さまざまな自然環境保護のための活動も行ってこられました。

長良川や吉野川の河口堰の反対運動にも参加。

先ほどもご紹介しましたが、川で遊ぶ楽しさを広めるために徳島県・吉野川では「川の学校」の校長先生としても活動されていました。

長年渡り、多くのアウトドア雑誌で連載や寄稿をされていて、アウトドア界への影響力はとても大きいものでした。

まとめ

2022年3月27日に亡くなられた野田知佑さん。

野田知佑さんは離婚された後は、最後まで独身だったようです。

でも「家族」だったガクをはじめとするカヌー犬たちとの生活は、とても充実していて幸せだったのではと思います。

終の棲家となった徳島の自宅は、野田知佑さんを慕う多くの方が訪れた場所。

大きな池があり、カヌー遊びやキャンプなど、アウトドアで遊ぶにはぴったりの環境でしたね。

野田知佑さんは、多くの日本人にカヌーの素晴らしさ、アウトドアでの遊び方、そして自然を守るということ等、多くのことを教えてくださいました。

本棚に並んでいる青春の思い出が詰まった野田知佑さんの著書を、久しぶりに読んでみたくなりました。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました