ベッキーの子供は年子で父親は誰?Eテレで子育ての悩み赤裸々告白!

エンタメ
スポンサーリンク

タレントのベッキーさんが「ゲス不倫」と呼ばれた不倫報道により世間をざわつかせたのは、2016年のこと。

あれから紆余曲折を経て、ベッキーさんも今では2児の母!

しかも、お子さんは年子!

そんなベッキーさんのお子さんたちの父親は誰?

先日、絶賛子育て中のベッキーさんが、Eテレの育児番組の中で、自身の子育ての悩みを赤裸々に告白!

その内容について、SNS上で密かに話題になっています。

今回は、この話題についてお伝えします!

▽この記事からわかること▽
◆ベッキーの子供は年子!
◆2人の子供の父親は?
◆ベッキーがEテレ育児番組で赤裸々に語った内容とは?
◆ベッキーが産後ママが抱えてる問題を語る!
◆ベッキーの告白に対するSNS上の反応は?

 

スポンサーリンク

ベッキーの子供は年子!

ベッキーさんの第一子は、2020年3月6日生まれの女の子。

そして、第2子については誕生日は公表されていませんが、2021年春に誕生ということですので、2人のお子さんの年の差は、ほぼ1年程度で、いわゆる「年子」ということになります。

2人目も女の子だそうです。

3月6日といえば、ベッキーさんのお誕生日でもあるんですよ!

ベッキーさんは2022年3月6日で、38歳になられました。

1歳差での出産となると、2人目の妊娠でつわりがキツイ時も、お腹が大きくなってくる時期も、まだ上の子は抱っこが必要な時期。

また、1歳というと、ちょうど一人で歩けるようになるかな、という頃。

ちょっと目を離すと、ソファーなどによじ登って、その上で仁王立ちしてたり(笑)

そんな時に妊婦?!それはもう、大変ですよね!

さらに、2022年4月現在は、下のお子さんが1歳になられた頃ですよね。

1歳と2歳のお子さん2人を追いかける毎日、これは想像するだけで大変!!!

その年子のお子さんたちですが、ベッキーさんに似ているのかどうか気になりますよね!

ベッキーさんはハーフで、お父さんがイギリス人、お母さんが日本人です。

ということは、ベッキーの2人のお子さんは、クオーターということになりますね!

お子さんの顔立ちについて、以下のようにコメントされています。

「1人目はベッキー顔、イギリス顔で、2人目はジャパニーズ顔です。
誰もそこが姉妹だと思わないと思う、全然似てないんです」

引用元:スポニチAnnex

2人の子供の父親は?

ベッキーの2人の子供の父親、つまり、ベッキーさんの結婚相手は、片岡治大(かたおか・やすゆき)さん!

ベッキーさんと片岡治大さんは、2019年2月13日に結婚されました。

先ほど、2人目のお子さんについて「ジャパニーズ顔」とコメントされていましたが、パパ似ということでしょうか。

パパもかっこいい方なので、きっと娘さんは二人とも可愛いでしょうね!


当時、片岡治大さんは、読売ジャイアンツ2軍内野守備走塁コーチをされていました。

その後、3軍のコーチも務めていましたが、2021年10月に読売ジャイアンツを退団されました。

「クビになっちゃったの?」という噂もありましたが、真相は違うようです。

「片岡さんご自身から辞任を申し出たそうです。
デーブ大久保さんのYouTubeチャンネル(11月14日配信)で辞任の理由を『(妻のベッキーが)毎朝見送るのがきつかったって言ってました。
僕がしんどそうだったんですって。
子供も小さいですし、お母さん的には(父親が)家にいてくれたほうがいいんじゃないですかね』と語っていたように、育児に専念したい気持ちがあったようです。

今はまだ再就職せずに育児メインの生活を送っているそうです」

引用元:NEWポストセブン(2021年12月10日付)

つまり、片岡治大さんが、読売ジャイアンツを辞めた理由は2つ!

①片岡治大さん自身が、仕事に疲れていて辛い時期だった。
②ベッキーさんが、年子の幼い子供の育児に追われて大変な時期だった。

この後、ベッキーの出産と育児に関する赤裸々な告白について、詳しくお伝えしますが、2人のお子さんを抱えて奮闘しているベッキーさんを、片岡治大さんは近くで支えることを選択されたのですね。

いわゆる父親が「産休」を取るような感じでしょうか。

経済的な蓄えは、それなりにあったのかもしれませんが、結婚して家族を持つ身としては、一時的なこととはいえ、無職になるという決断は簡単ではなかったのではと思います。

片岡治大さんの2021年の年俸は1500万円(推定)だったと言われています。

現役時代の最高年俸は西武ライオンズ時代で、2011年の1億7000万円(推定)だそうです。

一般庶民には、考えられない高給取りのようにも感じますが、この収入が一生続くわけではないですもんね。

「育休」生活をされていた片岡治大さんですが、2022年になってからは、TBS系列の番組で野球解説者として活動を始められたようです。

まったくの無職だったのは丸2か月ほどでしょうか。

片岡治大さんにとっても、人生の中で貴重な経験をした特別な日々だったのではないでしょうか。

ベッキーがEテレ育児番組で赤裸々に語った内容とは?

ベッキーさんが出演したEテレの育児番組『すくすくナイト』は、2021年12月18日夜に放送されました。

ベッキーさんが語った内容は、大きく分類すると以下の2つのこと!

①子育てを楽しめない自分は「ママ失格」?
②出産後に夫との関係がぎくしゃく!

子育てを楽しめない自分は「ママ失格」?

ベッキーさんは、ちゃんと子供が無事に生まれてきてくれたのに、自分は「ママ失格なのでは?」との想いに苦しめられていたそうです。

ベッキーさんは、出産後3日目から「ずっと泣いちゃってました」とのこと。

出産後の母親の、とっても繊細で不安定な気持ちの揺れは、私にも経験があります。

「私、出産がある意味、ゴールだと思ってたんですよ。
で、3日目ぐらいからずっと泣いちゃってました。
いきなり、母乳育児の難しさとぶつかってしまって。

赤ちゃんを産んだらおっぱいはみんな出るんだと思ってたんですよね、私。
自分としては、完全母乳を目指していたので、ミルクを足してくださいと言われたときに、すごくつらくてずっと泣いちゃってました」

参考:Eテレ「すくすくナイト」より

「母乳育児信仰」って、まだまだありますよね。

もちろん、母乳の素晴らしさは分かっているし、出来ればそうしたい!

でも、育児書通りにいかないのが育児。

特に、母乳については、母親が食べ物に気をつけようが、マッサージをしようが、出ない時は出ないもの。

後から振り替えれば「仕方ないじゃん!」と割り切れることも、出産後はホルモンバランスも崩れているし、特に1人目なら心も安定していないし、とにかく不安がいっぱいで、ちょっとしたことにも過剰に落ち込んでしまいますよね。

そして、周りの方からの「育児を楽しんでね♪」という励ましが、逆にプレッシャーになっていたとも語っています。

もちろん、悪気のない言葉ですし、それはわかっているのです!

「出産の報告を友達とか知り合いにしたら、みんながみんな『子育て、楽しんでね!』って言ってくれて。

『頑張りすぎないでね』っていう優しさが込められた言葉だと思うし、すごく有り難い言葉なんですけど、『(子育てを)楽しめてない私は母親失格なんだ』とすごい思っちゃって、自分を責めたりもしたっていう感じでした」

参考:Eテレ「すくすくナイト」より

出産後に夫との関係がぎくしゃく!

出産後、ご主人との関係が少しずつぎくしゃくしていったとも告白されました。

第一子出産後数カ月で、仕事に復帰したベッキーさん。

でも、すぐに2人目の妊娠がわかり、さらに妊娠糖尿病などのトラブルも発生!

つわりのある中で、頑張って離乳食を作っても食べてくれない娘ちゃん。

とっても辛かったけど、ベッキーさんはご主人に「助けて欲しい」と言えなかったそうです。

「お母さんはこうじゃなくちゃいけない」っていうのがどこか、あるんですよね。
頼ればいいって頭ではわかってるのに、頼ったら迷惑がられるだろうなって思ってしまう。

「パパは外でお仕事一つしてるじゃないですか。
私は仕事はあまりないから、育児って仕事1に対してパパ2になったら重荷になっちゃうかな。
『甘えちゃいけない』って決めつけちゃってたんですよね」

これ、本当にわかります!!!

特に子供がベビーちゃんのうちは「子育てはママ担当」という空気がありますよね。

もし、お母さんが専業主婦なら、なおさら!

「他のママたちは出来てるのに、私はうまく出来ない」と落ち込むのも、よく陥るパターンだと思います。

なんとか頑張っていたベッキーさんでしたが、2人目を出産し、子供2人の子育てが始まった時、ついに限界に。

そして、意を決して、ご主人に助けを求めたと言います。

「きょうだい育児でオーバーワークになってしまいましたね。
何か気持ちがパーっとなってしまって、初めてパパに『結構つらい、結構限界』となってしまいました。
でも、ここでパパの本気度アップ。
私の言葉をキャッチしてくれたのかは分からないですけど、恥ずかしいなぁと思いつつも本音をぶつけてみたら、パパの本気度が上がって、分担制になったんですよ。
パパが上のお姉ちゃんを見る。
私が下の子を見るっていう、一個楽になったなぁと思いました」

引用元:ハフポスト日本版

辛かったのはベッキーさんだけではなくて、ご主人の片岡さんも悩んでいました。

奥さんであるベッキーさんが、いくら言葉に出さなくても、大変な様子は分かっていたはずですもんね。

「もちろん協力はずっとしてくれてたんですけど、子どもが生まれたってうれしいことなのに、私がずっと泣いてるから『僕もきつかった』と言ってました。
お仕事終わって家に帰るのが『また泣いてるのかな、つらいのかな』って思ったと言ってました。
『何をしてあげればいいか分からない』って悩んだとも言ってましたね」

引用元:ハフポスト日本版

自分の本当の気持ちを、正直に打ち明けることが出来たベッキーさん。

ベッキーさんの気持ちが片岡治大さんに伝わったことも、片岡治大さんが仕事を辞めて「育休」生活をすることにつながっていったのですね。

出産・育児に関連する問題について語る!

この育児番組に出演したことが大きな反響を呼び、さらにこの問題に対してハフポストの取材を受けたベッキーさん。

そのインタビューの中で、テレビでは語り切れなかった思いを打ち明けてくれています。

育児は夫婦ふたりでやるもの

育児は誰がするものなのか。

答えは「夫婦二人でやるもの」ですが、なかなか一筋縄ではいかないですよね。

出産後、本格的に子育てがスタートしてから、誰もが必ず一度は考える問題じゃないかと思います。

(夫が育児をすることに、自分が)駄目なことしてるって思っちゃうんですよね。
例えば彼が、子ども2人を連れてお友だち家族の家に行ったりすると、「そこのお母さんは私のことをぐうたらな母親って思うのかな」とか考え込んじゃったり…。

でも、だんだん言えるようになってきましたよ。
というかもう言わずにいられなくなって。
1人じゃ抱えきれないから。

引用元:ハフポスト日本版

育児というものは、パパに「助けてもらう」「手伝ってもらう」ものではなく、「夫婦で一緒にやるもの」なのでしょうが、なかなかそうはいかない現実がありますよね。

TBS系で放送された大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の続編で、みくりさんと平匡さんに子供が出来た時にも、同じことが取り上げられていました。

うろ覚えではありますが、みくりさんが「手伝う?手伝うって何?」というようなことを平匡さんに言ってましたよね?

この問題については、男性側だけに問題があるわけではありません。

母親自身が、自分でやらなきゃと思い込んでしまっているという面もあります。

でも、なぜそう思ってしまうのかと考えると、この問題の根深さに気付かされます。

ベッキーさんが心の中の葛藤を語ってくれたことに、共感の声が上がったのも頷けます。

芸能人のベッキーが発信することの意味

芸能人であるベッキーが、SNSや色々なメディアで子育てについての思いを発信する理由は、辛い思いを抱えている人の役に立てるかもしれないとの思いから。

そして、芸能人が発信することでの影響力と、その危うさについて言及しています。

芸能人が美しい子育てを見せすぎだと思うんですよ。
表に立つ人の「キラキラ」って、みんなの心を窮屈にさせるだけだと思うし、良くないです(笑)
「今日は手抜きなので、こんな感じで〜す!」っていいながら、おかずが6皿くらいあるインスタ投稿なんて、こっちの首をぎゅっと絞めてきますよね(笑)

「私もうまくいってなくて必死です」「苦しいです」ぐらいの方がいい。

テレビで(俳優の)菅野美穂さんが子育ての苦労話をいっぱいされていて、それが面白くて最高で。私も絶対こっち派だなぁと思ったんです。

引用元:ハフポスト日本版


ここでは、芸能人の情報発信について言及されていますが、これは芸能人に限ったことではないですよね。

今や、世界中の誰でも、SNSで自由に色々なことを発信できる時代。

有益な情報も多い中、自慢話だったり見栄を張ったような内容の投稿も目につきます。

キラキラした日常の報告を見て「素敵!」と憧れて「よし、私も頑張ろう!」と前向きになれるならいいのですが、それにより自分が落ち込んだりするなら、SNSの使い方を考えた方がいいかもしれませんね。

女性の身体のことやホルモンバランスについて

ベッキーさんは、女性特有のPMS(月経前症候群)の問題や、妊娠・出産時のホルモンバランスの変化による体調不良などについて、もっと多くの皆さんに理解を深めて欲しいと話しています。

そのために、学校(義務教育)で、男女問わず全生徒に対して勉強の機会を作って欲しいと提案されています。

日本は性教育の分野では後進国と言われていますよね。

難しい問題ですが、必ず取り組まなくてはいけないことだと思います。

例えば、同僚に「すみません今日風邪なんで、少しケアお願いします」とは言えるけど、ホルモンバランスの崩れは気軽に口にしづらい。

「恥ずかしいこと」「みんな乗り越えてきたんだから自分で何とかしろ」っていう風潮がまだあると感じます。

引用元:ハフポスト日本版

ベッキーの告白に対するSNS上の反応は?

ベッキーが赤裸々に自分の悩んでいることや経験を発信したことは、大きな反響を呼んでいます。

SNS上の皆さんの声をご紹介します!

出産も子育ても、夫婦で話し合って、助け合って、励ましあって、労わりあって、取り組んでいけたらいいですね。

そして、他人と比べないこと!

これは、出産や育児に限ったことではないですよね!

まとめ

2020年、2021年と2年連続で出産を経験されたタレントのベッキーさん。

現在2歳と1歳の年子のお子さんの育児に全力投球されています。

そんなベッキーさんが、出産・育児に関わる自身の経験や悩みについて、Eテレの育児番組の中で赤裸々に告白!

大きな反響を呼びました。

色んな意見があるとは思いますが、今回ベッキーさんが話してくださったことで、勇気づけられたり、救われた人は確実にいます。

過去には色んなことがあったベッキーさんですが、番組の中で自分の言葉でしっかり話すベッキーさんを見て、応援したい気持ちでいっぱいになりました。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました